安曇野の丘 村山ブルーベリー園 ℡090-8326-2128

無農薬・無施肥栽培にこだわり、酸と糖のバランスと風味の違いのある大粒のブルーベリー摘み取り農園作りの記録

炭素循環農法で植え付け後の様子

昨日のブログをまとめると、エリコイド菌が活性化すればブルーベリーは育つといえる。

そこで、ピートモスを全く使わずに、硫黄粉も使わずに、多量の有機物を土壌に混ぜて植え付けてみた。

 植え付け時期・・平成28年3月30・31・4月1日

 植え付け苗・・・北部ハイブッシュ<エリザベス、アーリーブルー、デューク・>の  

         1年生苗、160本

 植え付け方法・・コーヒーカス<4トントラック2台分>を休耕田に幅1.3m、長さ    

         140mに広げて深さ40cm程度でユンボーで混ぜ合わせてそのまま 

         何もいれずに植え付ける。

f:id:murayama147:20160701211027j:plain順調に成長している。肥料を入れてないので、今エリコイド菌が根の周りに取り付いてやり取りをしているところと考えいる。周りの白いのはマルチシートである。水も肥料もやらずに、160本うちに枯れたのは3本程度である。

ピートモスは使わなくても順調である。時々アップして様子を公開しようと思う。

f:id:murayama147:20160701211619j:plain今日のお客さんの中で24パックを採った方がいた。きれいにパック詰めがされててお客さんも大喜びしていただいた。およそ6㎏を越えたようだ。冷凍して召し上がるとおっしゃっていた。ありがとうございました。

f:id:murayama147:20160701212135j:plainカブトムシの家の中には、カブトムシが200匹くらいになった。昼間にお客さんが来ても、日が強いとみんなチップの中へ潜り込んでしまって姿を見せるのは数匹、オスの方が角があるので潜りにくいようで、姿を見せている。これではお客さんが楽しめない。何とか考えないと・・・。