安曇野の丘村山ブルーベリー園 カブトムシ捕りひまわり迷路がある自然農園

信州安曇野にある、自然の仕組みを活かした摘み取り専門観光農園です。化学合成農薬不使用・無施肥に徹し、自然栽培と品質にこだわって栽培しています。時間無制限・食べ放題で透明感のある酸と糖のバランスある北部ハイブッシュ系、糖が際立っているラビットアイ系の自然な味が楽しめます。農園内で自然発生したカブトムシ捕り、ひまわり迷路もご家族で楽しめる自然栽培農園です。  長野県安曇野市穂高有明7657ー1   ℡090-8326-2128  googlemap「安曇野の丘」

『幸せの鐘』土台のレンガ

<『幸せの鐘』土台のレンガ>

幸せの鐘』の土台を作っています。レンガを縦に並べて立てています。二つ足りなかったので、明日になります。

植木鉢から流れ出た水が地面に浸透するように工夫しました。上手くいくかなあ。後は植木鉢を置く細工と一番難しいレンガの目地だけとなりました。あと少しですね。

 

<籾殻とコーヒーかす>

ちょっと試しに籾殻とコーヒーかすを運びました。開花の時期に運搬車で中へ入って行くと、枝に触ると花や新芽が落ちるので、一輪車で運んでみました。

コーヒーかすは、いい具合に糸状菌が繁殖して白くなっています。これで共生菌の菌根菌が活性化します。ブレンドしてちょっと広げてみました。

 

<丸太の皮剥き>

ベンチ用の丸太の皮剥きが終わりました。

座るには、ちょっと低い、どうしよう。いろいろと加工しようと場所を移動しました。タロウが乗ってドシャリ、姪の娘も一緒にドシャリ。

これからどうやって作るか、考えましょう。楽しいですね。最初にチェンソーの刃を研がなければいけません。

初の草刈り

本日は朝から雨、腰がお疲れモードですので骨休めの一日でした。

昨日の写真をUPします。

 

<初の草刈り>

当園で使っている草刈り機は2サイクルですので混合油を使っています。4サイクルは出力は大きいのですが重いので物置の奥でほこりを被っています。燃料を入れたまま1年間おいておくとエンジンに油が詰まることが多いと言われています。

一発でかかりました。試運転で休憩所の前の草刈りをしました。よかった~~~。

ここはノシバを育てていますので草が伸びてくると負けてしまいます。これから定期的な草刈りも始まりました。今日、晴れていたら新しいノシバを植えようと思っていたところです。毎年少しずつ増やしていますが、駐車場にしていますのでグチャグチャになっての繰り返しになっています。

 

<品種更新>

先日、品種更新は終わっていたと思っていたのですが、もう2株も品種更新しました。これで全部かなあ、広くて目が届かないところがあります。剪定のときに更新したい株を覚えていたのですが、何ヶ月もすると、すっかり忘れていました。

 

小平奈緒さん お疲れ様でした>

一ヶ月ほど前、小平さんが引退すると信濃毎日新聞(地方紙)の一面にありました。

ずっと載せる機会がなかったので、本日紹介します。

小平さん、お疲れ様でした。スケートに対して直向きな姿勢がすばらしかったです。結果もすばらしかったのですが、彼女の生き方、考え方に共感していました。これからステップアップをして、更なるご活躍を願っています。更に応援していきたいですね。

ブログを見ているよ

<ブログを見ているよ>

「ブログを見ているよ」

「ありがとうございます。ゆっくりしてくださいね」

秋田県から観光で来て、黒部ダムへ行く前に当園へ寄ってくださいました。趣味で何百とBBを育てているそうです。何十種類と栽培していて当園と同じ品種もたくさんありました。安曇野、信州の春を楽しんでくださいね。

 

<BBの花>

当園のNH系が半分ほど開花してきました。

品種によってつぼみや花の色が違い、形も違います。新梢も違っていて、紫っぽい色が出てたり、緑が濃かったり薄かったり……葉柄からの葉の形が違ったり……品種の特性が見えます。

花を見ると、みんな下を向いて咲いています。受粉が終わると花冠が落ち、パラボラアンテナのようになってめしべの柱頭が飛び出ています。受粉するのに時差があり、もう終わっている花から、まだまだつぼみであったり、いろいろですね。

セイヨウミツバチが一生懸命に働いていました。ニホンミツバチも来ていますが、写真は撮れなかったです。近所で飼っている方がいらっしゃって助かっています。

 

<『幸せの鐘』取りつけ>

昨日、スプレーをかけた鐘を取りつけてみました。

こんな雰囲気になりました。他の仕事で土台のレンガが進まないなあ。

フムフム、いい雰囲気になりました。

雨の中のヒヨドリさん

<雨の中のヒヨドリさん>

BBが花盛りとなってきました。雨で外仕事ができないので、ヒヨドリの写真を撮りました。雨の中、若葉が展開してきて動き回り、アイポイントが入らない、ウーム、難しい。

村中のヒヨドリが集まってきたようで、10羽くらいがピーピーと鳴きながら、蜜を吸っていました。テリトリーを作らず、平和的なエサ場となっています。

下の枝にとまって蜜を吸っていると上を向いているのですが、花と同じ枝にぶら下がりながらの蜜吸いは器用ですね。ヒヨドリさんの頭は雨で濡れているようで、あっちこっちの花へ嘴を挿していますので、受粉に貢献しています。

 

<水滴が光る新梢>

今年の4月は雨の日が続いています。若葉にエネルギーを感じます。

新梢が日に日に大きくなっています。水を弾き、雨粒が水滴となっているのがきれいですね。一次伸長、勢いよく伸びてあるところで止まり結果枝となり、長さ・太さが決まって来年のBBの品質を決めます。伸びる空間によって長さ・太さが決まりますね。剪定のときに長い結果枝を残すのは、ここに理由があります。

 

<ポットへ菌根菌の種>

今年初めての試みです。

品種は「チャンドラー」のポットを販売します。BB園の通路に置き、お客さんに見えるようにします。実が色づいたらお客さんが採ってしまうかな、売れるかなあ。

 

<『幸せの鐘』>

ホームセンターへ行ったら、面白いスプレーがあったので衝動買い。

スプレーをかけ終わったとき、上から雨粒の数滴が鐘に落ちてきました。アレレ、雨粒に当たったところが、ピカピカだったのにしわしわになってしまいました。明日、やり直そうかな、どんな雰囲気になるかな。

看板の取り付け

<看板の取り付け>

第9農園の山麓線側へ看板を取り付けました。

色を塗っているときは大きいと感じたのですが、BB園のネットへ取り付けると小さく感じます。ちょっと控えめの看板でした。看板よりか表札ですね。これで迷子のお客さんは減るかな。

ウムウム、いい感じになってきました。

 

<菌糸がいっぱいの菌根菌の種>

先日、ポットの上に置いた菌根菌の種を広げました。菌糸がビッシリと広がり、胞子まで飛んできました。先日の雨と適温が続いたので糸状菌が活性化したのですね。これで菌根菌(ERM菌、エンドファイト)が活性化します。

当園は、硫黄粉を入れず、油粕や硫安等のアンモニア態窒素等の肥料を与えない、自然栽培にこだわっています。自然の仕組みを追究し栽培しています。菌根菌植物ですので、これが「BBの潜在能力」「BBの力を引き出す」ことであると思います。『常識はWhy 理論編No.2』を参照して下さい。

今年で3年目を迎えているポット栽培で、今までのところ順調な育ちを示しています。菌根菌を活性化して無施肥で営業栽培を目指しています。

 

マイマイガ幼虫>

マイマイガの幼虫を捕っています。雌しべさえ食べなければ、何の問題も無いのですが‥‥。何十万本とある結果枝ですので、気安めですね。

モンシロチョウもいました。石けん水の中へ入れています。毎年の行事のようになっています。今日までのところ、例年と同程度の発生かな。注意深く見守っていきたいですね。開花期が過ぎれば、その後は大丈夫です。

 

<『幸せの鐘』土台のレンガ>

幸せの鐘』の土台のレンガが4つできました。レンガを毎日少しずつはめて、モルタルを固めながら作っています。やっと全体像が見えてきました。楽しみながら作っています。

水切り板

<水切り板>

幸せの鐘』の支柱に水切り板を取り付けました。

支柱を固定しているボルトの穴に水が入ると腐りが出てくるので、できる限り水が入らないようにしています。下のワイン樽の中に植木鉢を入れたいので、水が流れても大丈夫なようにしています。

 

<看板のペンキ塗り>

看板のペンキ塗りが終わりました。紺色、BB色にしました。明日は留められそうですね。どんな感じになるでしょうか。

 

<キノコがニョキニョキ>

今朝まで降っていた記録的な雨で、BB園の中はキノコ園になっています。あちらこちらからニョキニョキと傘を広げています。糸状菌が活性化して、菌根菌も活性化しています。BBの新梢も勢いよく伸びます。基板となっている土壌の中では、豊かな生態系となってみんなつながっています。

 

マイマイガ 初飛来>

午後は晴れて南風が出てきました。やっぱり風に乗ってマイマイガの1齢幼虫の初飛来。大きさは5㎜ほどの幼虫です。BBの花弁に穴を開けて雌しべの子房を食べます。受粉が済んで実が膨らみ始めると被害はありません。アシナガバチも見かけました。

一つの卵塊から200匹とも300匹もの幼虫が飛び出すと言われています。飛び出てきたときはこの数だけいますが、成虫まで育つのは1匹か2匹と言われています。捕食者の鳥や他の昆虫のエサになっています。受粉前の今だけが被害が出るときです。しばらくすると葉を食べるので葉の量が多く、捕食者に食べられて被害がありません。自然界は「食べる」「食べられる」のバランスでなりたち、お互いが共存していますね。当園のBBもこのバランスの中にあるのですが、振れ幅が大きいと1齢幼虫の数が多いので大被害となります。

SSで農薬を散布しているBB園もありますが、当園は無農薬栽培にこだわっていますので、一切使いません。大きな被害が出ないように祈るばかりですが、捕り切れないのですができるだけ手で捕っています。

今年は善光寺のご開帳です。7年前の前回のご開帳のときは門前の並木に大発生して観光客の頭に飛んでくるほどでした。振れ幅が大きい年で当園の被害もこの年でした。北信で山林に近い無農薬栽培にこだわっているBB園で大被害となった園もありました。今年はどんな年になるでしょうか。

 

自然の仕組みを活かした『自然栽培』に徹している当園では『無農薬栽培』にこだわっています。開花期のこの10日ほどは、マイマイガの1齢幼虫の飛来を見守っています。

看板屋さん

<看板屋さん>

雨が降ってきたので花芽調整は午前中でEnd。

午後は看板屋さんになって、切ったり、字を書いたりしました。何色がいいかなあ、青とひまわり色の黄色がいいかな、今話題の国の国旗になってしまいます。紺一色、BB色かなあ。

 

シャクナゲ

当園のピザ釜の横にあるシャクナゲが雨の中で咲き始めました。叔父さんが自分の山で掘り取ってきたものをいただきました。アルプスの前山で自生しているアズマシャクナゲです。葉の基部が浅いハート形だとハクサンシャクナゲ、葉柄に沿って流れていくのがアズマシャクナゲです。友達から花が終わった後の剪定を教わったのですが、難しいです。

西洋シャクナゲが2株あります。まだまだつぼみです。とても育てやすいです。

アズマシャクナゲと比べると西洋シャクナゲは栽培しやすいです。BBのNH系は栽培が難しくRE系は栽培が簡単であることと同じですね。アジサイの品種で逆輸入と同様、西洋シャクナゲは中国原産を西洋で品種改良して日本へ入ってきたものです。旺盛な成長で大株になります。去年、あまりに大株になったのでバッサリと切ったところ、花芽が減ってこの程度のつぼみになりました。

常念岳の残雪

常念岳の残雪>

お江戸へ遊びに行って3日ぶり、里は若葉が萌え、岳の残雪が少なくなり峰は岩肌が多くなってきたようです。一雨ごとに残雪が少なくなって、初夏の雪形に向かっていますね。

 

<第9農園ポット栽培へ菌根菌の種>

運搬車へ積んでポット一つずつへ菌根菌の種を入れました。今年で3回目で、ポットの隙間がないほどになってきました。考えが足りなくて、いっぱいになってしまったポットもあります。来年はどうしようか、困りました。来年考えましょう。

 

<モアで草刈り>

第9、10農園はポット栽培です。ポットの列の間は芝の種が芽吹いてモアを走らせたくなかったのですが、ヒメジョンやタンポポが頭を持ち上げてきたので、今年初めてのモアの始動です。外来種が大きな顔をしています。

ウムウム、いい感じになってきました。

 

<羽子板をもう一つ>

幸せの鐘』の下のワイン樽へ植木鉢を置く計画です。植木鉢から流れ出る水がブロックの上に溜まりそうですので、モルタルを盛って水が溜まらないようにしました。同時に羽子板が1本余っていたので取り付けました。支柱の方を高くして外へ流れるようにします。

 

<夕日の中の若芽>

夕日が若葉に透けて葉脈が鮮やかでしたのでドシャリ。開花が始まり、春を感じます。

街路樹が鮮やか

<街路樹が鮮やか>

お江戸へ遊びに行きました。

街路樹のツツジが咲き誇っていました。公園も至るところにあるツツジが見事でした。信州安曇野ツツジよりか大きめの花に見えました。街中に咲く花はいいですね。

歩道の脇に置かれたプランターから花がこぼれ落ちるように咲いているのを見ると、住んでいる方々の気持ちが伝わってきますね。公園にも力の入った花壇がありました。

公園に置かれた石のベンチ、いいですね。

BB園の中に丸太のベンチを作りたいですね。

『幸せの鐘』防腐剤塗り

<『幸せの鐘』防腐剤塗り>

今日は夕方より雨の予報でした。朝一で防腐剤を塗ることにしました。

防腐剤がはげお疲れモードになっているワイン樽ですので、たっぷりと染み込ませました。

支柱の張り出しに座堀をして鐘を取り付ける細工をしました。座堀したところへ12㎜の穴を空け、ボルトで鐘を吊り下げます。重いので多くはダブルナットにしますが、トリプルナットにして安全に作っています。

上に乗せる樽の底に金物を付けました。これで、雨による痛みが少なくなります。コーススレットの上にシリコ-ンを塗れば、もっとよいのですが、今日のところはここまでにしました。

半分塗ったところで鐘をぶら下げて鳴らすと

「カ~~~ン、カ~~~~ン」

といい響きでした。ワイン樽で更に共鳴しているようです。

『しあわせの鐘』の看板を付けると矢印がついていました。使い回しですので、やっぱり新しくしないといけないかな。

下も塗ったところで記念写真。

ウムウム、いい感じになってきました。

下のレンガと下の樽へ植木鉢を置く台と水受けを作る予定です。水受けのイメージを描いているのですが、作るのが難しそうです。後少しになりました。

 

<品種の更新>

今年最後の品種更新をしました。

十数年経ったNH系の2株をユンボでグイグイと引き抜いて、新たな品種に植え替えました。掘り取った大きな株です。

地表下10㎝~15㎝を張っていたのがきれいに取れたのでドシャリ。

根の途中で折れたり切れたりして、根の先まできれいに取れることは珍しいです。地面をはっている様子やhair rootが見えます。有機物として入れた細い丸太に取り付いているhair rootがハッキリと分かります。丸太は朽ちてボロボロになっています。自然界ですと林間で落ちてきた枝や幹が朽ち、そこへhair rootが取り付くことと同じですね。正しく糸状菌の菌糸の張り方と同じですね。白く見えるhair rootに菌根菌が取り付いています。(詳しくは『常識はWhy 理論編No.2』を参考にしてください)

『幸せの鐘』支柱の取り付け

<『幸せの鐘』支柱の取り付け>

周りに貼り付けたレンガを一つ剥ぎ取りました。これで型枠を外すことができ、昨日のモルタルがきれいに固まっていました。支柱の底が当たる所をモルタルを盛って平にしました。支柱をここへ差し込み固定します。

支柱の根元2ヵ所にボルトを通しナットできつく締めることができました。私がぶら下がってもビクともしませんでした。これなら支柱の上にワイン樽を乗せ、鐘をぶら下げても大丈夫です。下のレンガを縦に並べる予定ですが、メンテナンス用の覗き穴が必要ですね。

ウムウム、いい感じになってきました。

 

<丸太が来た>

丸太の輪切りを運んできて下さいました。クルミだそうで、早速皮を剥いてみましたが、きれいに剥けました。見かけは古いように見えましたが、今年切ったようです。

椅子の脚に見通しがつきました。和尚さん、ありがとうございました。

 

<大きなキノコ>

大きなキノコがありました。春と秋の雨の後によく見かけます。

「食べる? きっとおいしいよ?」

「中毒になったら、きっと新聞に載るよ、食べてみる?」

やっぱりやめました。

キノコが出てくることは、理想の土壌になってきた証です。糸状菌が活性化してくると菌根菌も活性化しています。うれしいですね。

ポット栽培 菌根菌の種

<ポット栽培 菌根菌の種>

第10農園のポットへ当園特製の菌根菌の種を入れています。いろいろとブレンドして作っています。全部のポットへ入れるには1週間ほどかかるかな。第9農園でまだ2シーズン経過したところですが育ちは良好です。

原産地の林間で生息しているBBの原種は硫黄粉も油粕や硫安などの肥料も入っていません。第1~8農園のNH系、RE系の地植え栽培は、この林間と同様に硫黄粉を使わず無肥料で、菌根菌を活性化させる栽培方法で元気に育っています。これがBBの潜在能力で、力を引き出す栽培方法です。それはBBは、菌根菌植物であるからですね。

そこでポット栽培でもアンモニア態窒素肥料を入れずに菌根菌を活性化させて営業栽培ができないかと挑戦しています。今までの失敗したことを活かして第10農園へ菌根菌の種を入れ、今年の成長を観察しブレンド比・入れる量を評価します。結果が出るまで数年かかりますね。

 

<『幸せの鐘』土台>

支柱を固定するために羽子板をモルタルで固めました。ここが一番大事なところで長さ、直角、何度も確かめました。上手く固定できるかな。

このボルトを支柱に開けた12㎜の穴に通してナットで締め固定します。横から通すのでコンクリートで固めたレンガが邪魔であることが分かりました。ちょっと考えが足りなかったですね。明日はレンガを壊します。

ワイン樽を洗って汚れを落とし、きれいにしました。上に乗せる樽の底に金物のカバーを付けることにしました。防腐剤を塗ってから貼り付けます。これで雨が降っても防げますね。イメージしていたことが見えてきました。

 

<キウイの剪定>

物置の横に植えたキウイが伸び放題です。剪定の時期も遅れていますが、実は期待していませんので、ざっくりと適当に切りました。このキウイは数年前に隙間があったので、苗屋さんで「1本でも実がなるキウイ」とのことで衝動買いでした。以後剪定もせずに伸び放題で、初めての剪定でした。

『幸せの鐘』仮置き

<『幸せの鐘』仮置き>

f:id:murayama147:20220418155849j:plain

f:id:murayama147:20220418155857j:plain

コンクリートが固まってきたのでワイン樽を仮置きしてイメージを確かめました。

ウムウム、こんな感じかなあ、ワイン樽とレンガの隙間はモルタルの分です。樽に防腐剤がはげているところもあり、内側も一緒に塗りたいね。

ワイン樽の底に支柱が通る四角の穴を空けました。刃が摩耗して切りにくくなってきました。安物のインパクトですので、バッテリー容量が少なく直ぐになくなってしまいます。

あれれ、支柱が長い! また長さを間違えて切ったようです。雨が降り出してきたので、一応立てて仮置きしてみました。

支柱を土台に固定する細工をしたかったのですが、雨が強くなって、End。

支柱は長いのですが、イメージが見えてきました。もう一つのワイン樽をこの支柱に乗せようとイメージを持っているのですが、できるかなあ。

 

マイマイガの卵塊 退治>

地方紙によると今年はマイマイガの大発生らしいです。数年前に大発生して当園も大被害でした。みんな花を食べられてしまいます。数年おきに大発生する原因は諸説ありますが、ハッキリとしていません。発生が年によって波になって現れるのは事実ですので、今年は高い波のようで心配しています。草原でのウサギとキツネの数の変動が数年の波になっていることは知られているので、同様の現象でしょう。

休憩所の周りを見回って卵塊を探しました。やっぱりありました。軒先で雨が当たらないところです。開花する時期に羽化し、南風に糸を出し飛んでBBに取り付きます。当園の外から南風に乗って飛んでくるのが心配ですね。

 

<自然の造形>

今、ニセアカシア(ハリエンジュ)の皮を剥いています。

皮を剥くと剣山の様なものが飛び出ています。ここへ座ると本当の剣山のように痛いです。枝だったところを樹皮が包み込んだのでしょう。見事な造形ですね。

一枝 開花

<一枝 開花>

f:id:murayama147:20220417173508j:plain

BB園は花芽が割れつぼみが見えてきたばかりですが、NH系のこの一枝だけが開花していました。生き物は同じ品種でも個体によって幅がありますね。判で押したように金太郎飴にならず多様性があるのが面白いです。開花時期をずらす、この幅が生き残りの戦略で、早い方と遅い方とどちらが有利か、どちらが生き残りやすいかですね。

火・水曜日の朝は霜がありそうです。大丈夫かな。

f:id:murayama147:20220417173740j:plain

f:id:murayama147:20220417173745j:plain

f:id:murayama147:20220417173751j:plain

安曇野は清々しい好天で、若葉が輝いています。NH系です。

春を待っていたかのように、一気に芽吹いています。

 

<『幸せの鐘』土台があと少し>

f:id:murayama147:20220417174845j:plain

f:id:murayama147:20220417174852j:plain

コンクリートを平にしたのですが、水準器で確かめるととんでもなく傾いていました。目検討はいい加減ですね。いつものように設計図がなく、イメージだけで作っているので、作りながらイメージに近づけています。まあ、だいたいの形になればいいですね。

この上にレンガを縦に並べ、その上にワイン樽を乗せようという作戦です。できるかなあ。

 

<半割丸太の皮剥き>

f:id:murayama147:20220417175704j:plain

f:id:murayama147:20220417175710j:plain

f:id:murayama147:20220417175718j:plain

椅子用の半割丸太、2本の皮剥きが終わりました。

残りは、ベンチにしたい半割丸太が2本となりました。皮剥きは力が必要でちょっと楽をしたいので、ユンボバケットの先でゴリゴリと皮を擦ると剥けるかと思い、やってみました。ちっとも剥けません。やっぱりバールとマイナスドライバーで少しずつ剥くことにしました。

『幸せの鐘』の土台

<『幸せの鐘』の土台>

f:id:murayama147:20220416174702j:plain

f:id:murayama147:20220416174709j:plain

f:id:murayama147:20220416174727j:plain

f:id:murayama147:20220416174733j:plain

コンクリートをこねて流し込みました。もう3、4㎝ほど高くしたいのですが、もう一工夫ですね。ブロックに羽子板を入れてからやればよかったなあ、順番を間違えたかな。明日、もう一工夫です。

 

<廃菌床が来る>

f:id:murayama147:20220416175505j:plain

f:id:murayama147:20220416175512j:plain

f:id:murayama147:20220416175518j:plain

今年も『ひまわり迷路』を作ります。糸状菌の廃菌床を入れると窒素肥料を入れなくても飛び抜けて元気に育ちます。BBと同じで菌根菌・エンドファイトの働きですね。ホクトさんからいただきました。今日は1台だけですが、少しずつ運んでいただきます。

 

<丸太の皮剥き>

f:id:murayama147:20220416225631j:plain

f:id:murayama147:20220416225638j:plain

半割した丸太の皮剥きをしました。

花芽調整をしながらの皮剥きですから進みません。重労働ですので2個剥いてEndにしました。残りは4個となりました。