安曇野の丘村山ブルーベリー園 カブトムシ捕りひまわり迷路がある自然農園

長野県安曇野市にある、自然の仕組みを活かした摘み取り専門観光農園です。化学合成農薬不使用・無施肥に徹し、自然栽培と品質にこだわって栽培しています。時間無制限・食べ放題で透明感のある酸と糖のバランスある北部ハイブッシュ系、糖が際立っているラビットアイ系の自然な味が楽しめます。農園内で自然発生したカブトムシ捕り、ひまわり迷路もご家族で楽しめる自然栽培農園です。  長野県安曇野市穂高有明7657ー1   ℡090-8326-2128  googlemap「安曇野の丘」

休憩所増設 整地が終わる

f:id:murayama147:20201103165017j:plain

f:id:murayama147:20201103165215j:plain

f:id:murayama147:20201103165340j:plain

f:id:murayama147:20201103164848j:plain

晴天になる日が多いといわれています特異日文化の日です。やっぱり晴れました。法事があったので整地はあまりできませんでしたが、ざっくりと目検討で整地を終えました。積載重量が650㎏の運搬車、おそらくそれ以上に載せたと思うのですが、力いっぱい働いてくれました。


<休憩所の増設・こんな休憩所を作りたい>

営業をしていた7月のことでした。お客さんがたくさん来て農園で摘み取っていたのですが、突然の強い雨となり、休憩所の中は、人でいっぱいになりました。座るどころか立っているのもたいへんな混み具合となりました。コーヒーを飲むどころではありませんでした。

観光地の多くは、おしゃれなホテルやカフェの一角を切り取り窓から見える風景を伝えるように作られているのが大勢ですね。小生も休憩所を建てた頃は、切り取った雰囲気と考えていました。ところが開園してお客さんに来ていただきテラスにブルーベリー畑から流れてくる心地よい風を受けてからは、休憩所の中のクーラーは使ったことがありません。ブルーベリー畑の中にある休憩所にしたいと考えを深めました。自然の中にあるブルーベリーと一体化した休憩所にしたいですね。

小生が現役の頃、仕事で南米、インドを中心にあちこち歩いた折に、しゃれたホテルやレストラン、カフェを見てきたのですが、やっぱりいいなあと感じるのは、その地を表現した雰囲気ですよ。その地の誇れるものを表現したものこそ、受ける感動も多いと思います。銀座のしゃれたカフェを切り取って張り付けたような休憩所にしたくありませんね。ブルーベリー畑からの心地よい風を受けて、色づいたブルーベリーを眺めながらゆっくりとコーヒーを飲みたいですね。