安曇野の丘村山ブルーベリー園 カブトムシ捕りひまわり迷路がある自然農園

長野県安曇野市にある、自然の仕組みを活かした摘み取り専門観光農園です。化学合成農薬不使用・無施肥に徹し、自然栽培と品質にこだわって栽培しています。時間無制限・食べ放題で透明感のある酸と糖のバランスある北部ハイブッシュ系、糖が際立っているラビットアイ系の自然な味が楽しめます。農園内で自然発生したカブトムシ捕り、ひまわり迷路もご家族で楽しめる自然栽培農園です。  長野県安曇野市穂高有明7657ー1   ℡090-8326-2128  googlemap「安曇野の丘」

一日中雨、掃除が進まない

f:id:murayama147:20210604160939j:plain

予報通り一日中、雨模様でした。
小屋の床掃除をしようと張り切ってモップを購入してきました。気合いを入れて床磨きをしようと思ったのですが、この雨で気合いが入らない、力が入らない。すぐにEnd。終わってみるとテラスの中の荷物が右から左、左の物が右へ。何にも変わっていません。整理整頓、掃除が苦手ですね。

 

f:id:murayama147:20210604161423j:plain

f:id:murayama147:20210604161429j:plain

f:id:murayama147:20210604161434j:plain

f:id:murayama147:20210604161440j:plain

f:id:murayama147:20210604161449j:plain

f:id:murayama147:20210604161455j:plain

f:id:murayama147:20210604161504j:plain

f:id:murayama147:20210604161509j:plain

f:id:murayama147:20210604161516j:plain

f:id:murayama147:20210604161520j:plain

こういうときは、松本城の石垣を見ると元気が出てきます。お城好きの昇太の気分で雨に濡れた石垣を見ると、何か不思議ですね。築城した頃を想像すると元気になってきました。

太鼓門の入り口の左側が玄蕃石と言われています。

松本市岡田(山辺説もあり)にあった大石を運ぶとき、石川玄蕃頭康長が大石の上に乗りお城まで運ぶことになりました。石を運ぶ人々の中に、不満を言う者がいました。それを聞いた康長は、飛び降りてその者の首をはね、槍の穂先に突き刺し「さあ者ども、引け~」と言ったと伝わっています。この大石のことを玄蕃石と言われています。こんなことを想像すると面白いですね。