安曇野の丘村山ブルーベリー園 カブトムシ捕りひまわり迷路がある自然農園

信州安曇野にある、自然の仕組みを活かした摘み取り専門観光農園です。化学合成農薬不使用・無施肥に徹し、自然栽培と品質にこだわって栽培しています。時間無制限・食べ放題で透明感のある酸と糖のバランスある北部ハイブッシュ系、糖が際立っているラビットアイ系の自然な味が楽しめます。農園内で自然発生したカブトムシ捕り、ひまわり迷路もご家族で楽しめる自然栽培農園です。  長野県安曇野市穂高有明7657ー1   ℡090-8326-2128  googlemap「安曇野の丘」

毛糸の帽子がいいな

<毛糸の帽子がいいな>

f:id:murayama147:20211203170935j:plain

ちょっとBreak time。日が差していたのですが、風が強く寒かったなあ。毛糸の帽子が気持ちよかったなあ。朝入れたコーヒーが冷めてちょうどいいです。剪定が進みません。

 

<風が強かったあ>

f:id:murayama147:20211203174446j:plain

f:id:murayama147:20211203174454j:plain

f:id:murayama147:20211203174502j:plain

北部ハイブッシュ系の地植えは、強い風を受けて後少しの葉が枝に付いています。これが全部なくなったら、花芽が見やすいので剪定しやすいです。ポット栽培は全部の葉が飛んでいってしまいました。地植えで根張りがいい株は葉がしがみついています。ポット栽培は1週間ほど季節が進んでいますね。

 

<剪定の前後>

f:id:murayama147:20211203175100j:plain

f:id:murayama147:20211203175106j:plain

ラビットアイ系の剪定の前後です。まだ花芽調整はしてないので実が付く位置はもう少し幹側になります。写真で見るとまだ甘い剪定ですね。

剪定していると日干しになった実があちらこちらにありました。お客さんが新梢で見えなくなって、採れなかったのでしょう。この対策として思案中です。

f:id:murayama147:20211203175454j:plain

違う株も剪定後にドシャリ。シュートをバサバサと切っています。ラビットアイ系の剪定は葉が付いているので花芽がすぐに見えなく、時間がかかっています。北部よりか結果枝の数は、イメージで1.5倍ほどかな。適当にやっています。