安曇野の丘村山ブルーベリー園 カブトムシ捕りひまわり迷路がある自然農園

信州安曇野にある、自然の仕組みを活かした摘み取り専門観光農園です。化学合成農薬不使用・無施肥に徹し、自然栽培と品質にこだわって栽培しています。時間無制限・食べ放題で透明感のある酸と糖のバランスある北部ハイブッシュ系、糖が際立っているラビットアイ系の自然な味が楽しめます。農園内で自然発生したカブトムシ捕り、ひまわり迷路もご家族で楽しめる自然栽培農園です。  長野県安曇野市穂高有明7657ー1   ℡090-8326-2128  googlemap「安曇野の丘」

剪定枝はお宝

<剪定枝はお宝>

f:id:murayama147:20211204170144j:plain

ラビットアイ系の剪定をしています。剪定枝を株元へ切り刻んでいます。モアに邪魔にならないように細かくしています。

剪定枝は菌根菌のエサになっています。年単位のスパンで菌根菌が取り付きBBのHair  Rootと共生関係になり、お宝です。ある農学部の院生の研究では剪定枝をチップにしたときが結果枝の発生が一番いいと報告されています。考察の中で菌根菌までの言及がなかったのが残念。

当園は剪定枝は切り刻んで株元へ入れ、菌根菌の活性化を図っています。BBの原種は落ち葉や小枝が落ちてくる森の中で生息しています。それらをエサにして菌根菌が活性化しています。当園は、剪定枝の他にCN比の高い有機物を入れ、この森の仕組みを実現しようと実践しています。

 

<剪定の前後>

f:id:murayama147:20211204174701j:plain

f:id:murayama147:20211204174707j:plain

今日も剪定の前後をUP。剪定の毎日ですのでネタがなく、剪定の様子を紹介します。この株は端にあるので、モアが回れるようにドッサリを切ってしまいました。ラビットはランナーが多くて横へ飛び出ています。ドッサリと切りました。

 

<寒い>

f:id:murayama147:20211204175119j:plain

f:id:murayama147:20211204175126j:plain

日没ごろ、目標の一日20株が終わった頃、雪が溶けた雨がポツポツと舞ってきました。寒い。気圧配置が冬型になると常念岳の東斜面の烏川の谷から、当園まで雪が舞ってきます。烏川の谷を見上げると常念岳は見えず、雪雲の中でした。