安曇野の丘村山ブルーベリー園 カブトムシ捕りひまわり迷路がある自然農園

信州安曇野にある、自然の仕組みを活かした摘み取り専門観光農園です。化学合成農薬不使用・無施肥に徹し、自然栽培と品質にこだわって栽培しています。時間無制限・食べ放題で透明感のある酸と糖のバランスある北部ハイブッシュ系、糖が際立っているラビットアイ系の自然な味が楽しめます。農園内で自然発生したカブトムシ捕り、ひまわり迷路もご家族で楽しめる自然栽培農園です。  長野県安曇野市穂高有明7657ー1   ℡090-8326-2128  googlemap「安曇野の丘」

椅子のデザイン

<椅子のデザイン>

f:id:murayama147:20220205210018j:plain
f:id:murayama147:20220205205922j:plain
f:id:murayama147:20220205210116j:plain
f:id:murayama147:20220205210155j:plain
f:id:murayama147:20220205210240j:plain
f:id:murayama147:20220205210246j:plain
f:id:murayama147:20220205210351j:plain
f:id:murayama147:20220205210357j:plain
f:id:murayama147:20220205210403j:plain
f:id:murayama147:20220205210409j:plain
f:id:murayama147:20220205210415j:plain

強い冬型の気圧配置で、安曇野は雪降りとなり剪定はお休みにしました。

椅子・机のデザインを考えました。

 

高速SAの野外に置かれている椅子の写真を取り出して、研究。

一人掛け、二人掛けのベンチ……、座板の形状、背板の形状……、机と椅子との組み合わせ……、サイドテーブルの組み合わせ………、塗装は? 色彩は?……デザインを考えるといろいろですね、悩むなあ。

ちょっと座って休みたくなるような、魅力的なデザインもありますね。たくさんのお客さんが休む高速SAで人を引き付けるような魅力、座りたくなるような要因・魅力て何だろうな。椅子や机のデザイン、配置、周りとの調和……これを考えるデザイナーの専門性が凄いですね。やはり餅屋や餅屋ですね。

TVを見ても、ネットを見ても、インスタを見ても、映像映えする食に偏っているように見えます。当園はBBの摘み取り専門の農園として「BB農園との調和」というテーマで追求していきたいなあ。お金がないのでDIYで考えています。

 

家族でいらっしゃったお客さんがテーブルを囲むように座ってほしいなあ、安定して気持ちよく座ってほしいなあ、いつまでも座っていたいと思うような椅子にしたいなあ、とデザインに寄せる思いはあるのですが、具体的にデザインをどうするか、決めかねています。BB園で摘んできたBBをテラス席の日陰で家族で囲み、談笑しながら絆を深めていただきたいなあ。

f:id:murayama147:20220205205721p:plain

昨年、作成していたときの椅子とテーブルです。このデザインの椅子が8脚、机が4脚あります。限られた木工道具、素人の力量でできる範囲で作りたいなあ。

 

f:id:murayama147:20210803190219j:plain

f:id:murayama147:20220206060752p:plain

f:id:murayama147:20220206071238p:plain

昨年、ブログにupすることを承諾していただいたお客さんの様子をドシャリ。

DIYの机を囲んで楽しんでいただきました。DIYで作った机、椅子を使っていただくこと、嬉しいですね。安曇野のBB農園で楽しいご家族の思い出を作ってくださいました。ありがとうございました。

 

 

今年の営業が終わったところで、更に8脚の椅子、4脚の机を作ろう考えています。そのデザインを考えています。今年の営業の時のお客さんの評価を聞きながら、更にデザインを決めていこうと考えています。考えるのが楽しいなあ。