安曇野の丘村山ブルーベリー園 カブトムシ捕りひまわり迷路がある自然農園

長野県安曇野市にある、自然の仕組みを活かした摘み取り専門観光農園です。化学合成農薬不使用・無施肥に徹し、自然栽培と品質にこだわって栽培しています。時間無制限・食べ放題で透明感のある酸と糖のバランスある北部ハイブッシュ系、糖が際立っているラビットアイ系の自然な味が楽しめます。農園内で自然発生したカブトムシ捕り、ひまわり迷路もご家族で楽しめる自然栽培農園です。  長野県安曇野市穂高有明7657ー1   ℡090-8326-2128  googlemap「安曇野の丘」

『安曇野ブルー』を購入

<『安曇野ブルー』を購入>

f:id:murayama147:20220406054749j:plain

「ブルーベリー安曇野」さんが開発した新品種が登録されたと知り、新品種『安曇野ブルー』を購入しました。

20年ほど前、チャンドラーが新品種として世に出始めたころ、オザークブルーを掛け合わせた品種です。掛け合わせて取捨選択し現在に至ったそうです。個人が新品種を作り出すことは、並ではありません。BBをかじっている者として、その凄さが分かります。知識と経験、そして信念があって初めて実現できることだと思います。

新品種として植物特許が認められたこと、おめでとうございます。素晴らしいことで敬服します。日本国内の企業、試験場で開発した新品種は何種類もありますが、個人では、私の知る限りで「フクベリー」とこの「安曇野ベリー」ですね。名前も素晴らしく、地名を名前に使い、本当におめでとうございます。

f:id:murayama147:20220405193300j:plain

f:id:murayama147:20220405193305j:plain

f:id:murayama147:20220405193310j:plain

f:id:murayama147:20220406054452j:plain

安曇野ブルー』の鉢を見させていただきました。枝ぶり、株立ちはチャンドラーに似ています。今年は、購入した株を大事に育て、少し成らしてどんな味を出してくれるか楽しみですね。

園内、ポット栽培についても詳しく教えて下さいました。ありがとうございました。

 

<第10農園 南側に4㎜ネット>

f:id:murayama147:20220405194337j:plain

f:id:murayama147:20220405194343j:plain

f:id:murayama147:20220405194348j:plain

ドアを取り付けて南側に4㎜ネットをくくりつけました。

ドアは古い物で、私が子どものときに使っていた物で錆だらけです。これでも使えますから大事に使いましょう。

 

<第10農園 東側にエスター線>

f:id:murayama147:20220406054659j:plain

f:id:murayama147:20220405194926j:plain

f:id:murayama147:20220405194932j:plain

f:id:murayama147:20220405194938j:plain

第10農園の東側にエスター線を1本張りました。

単管に17㎜のドリルネジをねじ込みます。これがちょっとテクニックが必要で力仕事とインパクトの軸をずらさないようにしないと入っていきません。エスター線がたるまないようにこのネジに絡めて張っていきます。今日は高い所の1本を張り終えました。明日は、1mの位置にもう1本張りたいですね。