安曇野の丘村山ブルーベリー園 カブトムシ捕りひまわり迷路がある自然農園

長野県安曇野市にある、自然の仕組みを活かした摘み取り専門観光農園です。化学合成農薬不使用・無施肥に徹し、自然栽培と品質にこだわって栽培しています。時間無制限・食べ放題で透明感のある酸と糖のバランスある北部ハイブッシュ系、糖が際立っているラビットアイ系の自然な味が楽しめます。農園内で自然発生したカブトムシ捕り、ひまわり迷路もご家族で楽しめる自然栽培農園です。  長野県安曇野市穂高有明7657ー1   ℡090-8326-2128  googlemap「安曇野の丘」

第4農園 草刈り

<第4農園 草刈り>

モアのタイヤ交換後、初の草刈りです。

第4農園は、『ヒルガオの巣』と当園が呼んでいるところが何カ所もあります。BB園にする前は水田でした。水田の土手にあったヒルガオが地下茎を伸ばして園の中へ入り込み、一面がヒルガオになっている所を『ヒルガオの巣』と呼んでいます。

春草が枯れて、いよいよ夏草の世界になってきます。モアで草刈りをしなくてもいいのですが、このヒルガオ対策でモアで草刈りをします。

BBの幹に巻き付いたヒルガオが、もう50㎝ほど伸びていました。これを見つけたところでモアを止めて、手で取っています。『ヒルガオの巣』では、キノコの間から、あっちこっちから芽を出しています。モアで、この芽を刈り取っています。

モアの運転席は、BBの花がらでいっぱいです。膨らんできた実も落ちています。少しぐらい落ちても、ヒルガオの芽を刈り取りたいですね。

 

<ヒマワリ畑 ベンチの微調整>

昨日、設置したベンチの微調整をして安定しました。そこへ購入してきたカスガイを打ってビクともしません。最終形で完成です、嬉しいなあ。

 

御宝田(安曇野で最大のわさび田)の丸太をユニック付きトラックで運んできてくださった清原寺の住職さんに感謝です。丸太を安い料金で帯鋸盤で半割にしてくださった製材所さんに感謝です。チェーンソーの研ぎ方を教えてくれた友達に感謝です。

皆様に助けていただいて出来たベンチや椅子です。ありがとうございました。

 

<乾かして、次が楽しみ>

半割丸太を全部、椅子にしてしまうのがもったいないので、来年まで第5農園の隅に置いて乾かしておきます。来年は、これを使って机の天板を作りたいなあ。シートで覆って雨が当たらないように、大事にしていきたいなあ。

 

<丸太の皮はお宝>

丸太の皮は、お宝です。

第2農園のこの辺は、7、8年前に森林組合から杉の皮を軽トラで何十台も入れたところです。もう形が残っていません。みんな糸状菌のエサとなって、BBの共生菌の菌根菌が活性化しています。

これから、この上に籾殻とコーヒーかすと廃菌床のブレンドを乗せてマルチとしていきます。