安曇野の丘村山ブルーベリー園 カブトムシ捕りひまわり迷路がある自然農園

長野県安曇野市にある、自然の仕組みを活かした摘み取り専門観光農園です。化学合成農薬不使用・無施肥に徹し、自然栽培と品質にこだわって栽培しています。時間無制限・食べ放題で透明感のある酸と糖のバランスある北部ハイブッシュ系、糖が際立っているラビットアイ系の自然な味が楽しめます。農園内で自然発生したカブトムシ捕り、ひまわり迷路もご家族で楽しめる自然栽培農園です。  長野県安曇野市穂高有明7657ー1   ℡090-8326-2128  googlemap「安曇野の丘」

マルチ 運び始める

<マルチ 運び始める>

駐車場には、マルチ用に木材チップ、籾殻、コーヒーかす、廃菌床が積んであります。来月には営業が始まりますので、マルチ資材をBB園の中へ、毎日少しずつ運びます。

籾殻とコーヒーかすをブレンドして運搬車で第2農園へ運び始めました。当園には運搬車が大小の2台あります。これは小の第2運搬車で友達から譲ってもらいました。大だと株の間を通るのが大変だと言って持ってきてくれました。大変重宝しています。

BBのマルチについて、書籍やネットではいわゆる「常識」が書かれています。BBは菌根菌植物ですので、糸状菌の仲間である共生菌の菌根菌には全く触れていません。菌根菌を活性化することが第一義です。これについては『常識は非常識』を参考にして下さい。

当園の永遠の課題、それは<マルチ用資材は何が有効か>は、今のところ、経済性・作業性を考え、手に入る有機物(CN比が高いもの)が一番だと考えています。人によって、地域によって、運ぶ農機具によって、それぞれですね。

 

<アイビー 若葉>

アイビーの若葉がいい感じになっています。

BBの剪定時に合わせてアイビーの強い剪定をして透き透きでしたが、いい感じに若葉が出てきました。

昨年はアメシロの食害で葉がなくなったところもあったので、今年は、目を皿にして見ていきます。アメシロも厄介で、BB園の中へ巣状の白い巣網を作られてしまいます。巣網の中にいるときに駆除すると大きな被害はありません。見ることがいっぱいですね。

 

<ビットが抜けない>

もう何日もやっています。

インパクトにはまった座堀ビットが抜けません。ペンチでひねっても、金槌で叩いても、コーヒーを飲みながら毎日のように試みているのですが、まだ抜けません。困ったなあ、このインパクトは3代目で、軸がぶれていますので新調するときかなあ。