安曇野の丘村山ブルーベリー園 カブトムシ捕りひまわり迷路がある自然農園

信州安曇野にある、自然の仕組みを活かした摘み取り専門観光農園です。化学合成農薬不使用・無施肥に徹し、自然栽培と品質にこだわって栽培しています。時間無制限・食べ放題で透明感のある酸と糖のバランスある北部ハイブッシュ系、糖が際立っているラビットアイ系の自然な味が楽しめます。農園内で自然発生したカブトムシ捕り、ひまわり迷路もご家族で楽しめる自然栽培農園です。  長野県安曇野市穂高有明7657ー1   ℡090-8326-2128  googlemap「安曇野の丘」

看板ペンキ塗り

<看板ペンキ塗り>

第7農園の北隅に看板と案内樽があります。『ビフ穂高』(農産物直売所)、『八面大王足湯』、『しゃくなげの湯』(日帰り温泉施設)の入り口の交差点脇に置いてあります。数年が経ったかなあ、ペンキが剥がれ傷んできたので助っ人に塗り直してもらいました。

丁寧に塗り直してくれてきれいになりました。これでお客さんの案内ができますね。

ありがとうございました。

 

<大運搬車で運び始めた>

小の運搬車でも第1~3農園へ入ると枝が垂れ下がってきたので、ボキボキと折れる枝があり、もっと入れたかったのですが秋に入れることにしました。

大の運搬車が入れる園へ入ることにしました。今日は、RE系の第6農園へ運びました。この大の運搬車は十数年前に購入した古いものですが力持ちで、エンジンの調子も良く、メンテナンスの仕方も分かっているので慣れています。あおりのコンパネはバケットに当ててボロボロになっています。ここまで使ってくると愛着が湧いてきます。

 

この運搬車のあおりの隙間から籾殻やコーヒーかすが道路にこぼれていました。片付けるのが大変でした。もう古くなったなあ。

 

<RE系第6農園へマルチ運び>

ここは列間が広いので枝を折ることがないので安心できます。タップリとマルチを入れています。籾殻とコーヒーかすを適当にブレンドして入れています。

当園は列間までマルチをします。この歩いている地面の下まで根が張ってきています。HairRootが有機物に取り付いた菌根菌とつながり、共生関係から無機栄養分をBBへ、水も送っていると言われています。お互いに情報も交換している論文もあります。

列間も菌根菌のエサとなるマルチを厚く入れています。

 

コチョウランが次々に開花>

今日、開花した株は、昨年の秋に部屋へ入れたときに花茎を折ってしまったのが、冬の間に新しい茎を伸ばし花芽までつけました。下の写真は、折れた茎から新しい花茎を出しているところを写しました。

遮光ネットの間からの日光を受けて葉が立ってきました。植物の生命力には改めて驚かされます。