安曇野の丘村山ブルーベリー園 カブトムシ捕りひまわり迷路がある自然農園

信州安曇野にある、自然の仕組みを活かした摘み取り専門観光農園です。化学合成農薬不使用・無施肥に徹し、自然栽培と品質にこだわって栽培しています。時間無制限・食べ放題で透明感のある酸と糖のバランスある北部ハイブッシュ系、糖が際立っているラビットアイ系の自然な味が楽しめます。農園内で自然発生したカブトムシ捕り、ひまわり迷路もご家族で楽しめる自然栽培農園です。  長野県安曇野市穂高有明7657ー1   ℡090-8326-2128  googlemap「安曇野の丘」

当園の敵

<当園の敵>

当園は水田をBB園にしたので、土手に生えていたヒルガオが園内に侵入。

第5農園はNH系地植えの中では一番新しいBB園ですが、あちらこちらへ入り込んで密になってる所もあります。

マルチの中へ地下茎を伸ばし芽を出して伸びていきます。BBの株へ絡みつかれると手で取るしかないです。ほっとくとBBの株が覆われて、なんだこれは! と思うほど株一面がヒルガオです。春草などは、昨年秋に入れたマルチ(籾殻)で押さえられるのですが、このヒルガオは手強いです。

 

<マルチ資材運び>

東駐車場にいっぱいあったマルチ資材の半分ほど園の中へ運びました。

雨がポツポツと降ってきたのですが、休んでいられません。カラスが単管の上に乗ってこちらを見ていました。ミミズが目当てのようです。

「何を焦っているの?」と、きっと笑っているでしょうね。

昨日入れた東より1列目です。

今日は、2列目が全部入りました。腰がお疲れモードになってきました。

3列目です。腰がお疲れモードで運搬車で運んで下ろすだけにしました。

フー、体力勝負です。

 

<藤棚撤去>

隣のお宅の藤棚の撤去を頼まれました。

枝が芽吹く前の冬にザックリと枝を落としたので、新調したインパクトで角材で作った棚を壊し、立ち上げた幹を切って運んできました。

「俺だったら壊さないよ、20年も経った立派な藤棚がかわいそうだよ」と言うと、

「壁塗り業者に足場が組めないので何もないようにしてほしいと言われて、壊すことにした」と、おっしゃっていました。

二階のテラスに作った素敵な藤棚を壊して持ってきました。藤の立ち上げの幹が絡んでいるねじり具合がいいですね。

市の焼却施設へ持っていく予定でしたが、藤のねじり具合の造形美がよくて畑へ持ってきました。何かに使おうかな、考えましょう。今年の冬の楽しみですね。

 

<芝刈り>

春に貼った芝がいい具合に根付いたようです。

芝刈りをすると、もっと広げて貼ればよかったなあと思います。来年、また少しずつ貼って広げていきましょう。