安曇野の丘村山ブルーベリー園 カブトムシ捕りひまわり迷路がある自然農園

長野県安曇野市にある、自然の仕組みを活かした摘み取り専門観光農園です。化学合成農薬不使用・無施肥に徹し、自然栽培と品質にこだわって栽培しています。時間無制限・食べ放題で透明感のある酸と糖のバランスある北部ハイブッシュ系、糖が際立っているラビットアイ系の自然な味が楽しめます。農園内で自然発生したカブトムシ捕り、ひまわり迷路もご家族で楽しめる自然栽培農園です。  長野県安曇野市穂高有明7657ー1   ℡090-8326-2128  googlemap「安曇野の丘」

標柱の建立 除幕式

夢の実現に向かって!

長野県安曇野市穂高北アルプスの裾野でブルーベリー観光農園を手作りしている村山昌夫です。趣味でブルーベリー栽培を始めて20年ほど、趣味が高じ退職後にブルーベリー観光農園を始めて、来年は節目の10年を迎えます。

 

最高品質のBBを作りたい、こんなBB園を作りたい、こんな物を作りたい‥‥。

BB栽培って面白く奥が深いなあ‥‥。

季節により、いろいろな顔を見せる安曇野を紹介したいなあ‥‥。

 

描いている夢の実現には、まだまだ途上。日々の小さな取り組みや思いをお伝えしたいなあ。農園とともに私も成長していきたいなあ。

 

日々、進化していきたいなあ。

 

 

最高品質を求めて!

無農薬・無施肥栽培にこだわり、地植えとポットで2200株を越えるBBを営業栽培しています。主に北部ハイブッシュ系、ラビットアイ系を6月中下旬から8月末頃まで摘み取り園として営業しています。最高品質を安価でお客さんへ提供したく、日々工夫を重ねています。

ご家族が楽しめる農園を!

ご家族皆さんで楽しめるBB摘み取り園を目指しています。ご家族が楽しめればどなたでも楽しめます。当園で皆様に楽しいページを刻んでいただきたく、今は休園中ですので、アイディアを練っています。

進化していく農園をUPしたい!

実現できそうなことを形にして、進化していく農園でありたいと思っています。このブログ上で、写真を使い回しすることなくその日に撮った写真と共にアイデアを実現していく取り組みをUPしていきたいと思っています。

BBは菌根菌植物であることを発信したい!

酸性土壌にするための硫黄粉、アンモニア態窒素等の肥料(油粕、硫安などの化学肥料)を使わず自然の仕組み(BBに共生しているERM菌)を活かして自然栽培を実現しています。自然栽培の様子を発信していきたいと思っています。

季節により変化するBB、安曇野の美しさを発信したい!

季節によりいろいろな顔を見せるBBの表情をお伝えしたいなあ。北アルプスを背にしている安曇野、松本平の季節の変化、文化などもお伝えできたらいいなあ。日々の作業をお伝えしたいなあ。

 

これからもブログを覗いて下されば幸いです。

 

 

 

<標柱の建立 除幕式

BB園へは行かずに、除幕式へ参列。

松本市安原地区の小さな文化財ですが、地区で大事にしている文化財です。

「澤柳政太郎先生生誕の地」「松本十二薬師めぐり 第四番札所」の記念標柱の除幕式がありました。

「澤柳政太郎」は、近代教育学の教育者で松高(信州大学の前身)誘致にも尽力した方です。

「松本十二薬師めぐり 第四番札所」は、江戸時代の松本城下町への善行寺街道からの入り口にあった十王堂が札所であったことから、この標柱になりました。

維新後の廃仏毀釈の嵐が吹き、このお堂にあった石仏が割られ、お堂は壊されて今に至っています。割られた石仏を拾い集め、当時は札所としてあったお堂の場所を史跡として大事にされています。

時代の変遷の証拠です。維新後に新政府が立ち上がり、イデオロギーが一夜にして変わったのですね。司馬遼太郎は維新はイデオロギー革命だとおっしゃっています。維新後、松本市内を流れている女鳥羽川にお寺の仏具や仏像が捨てられ流れていったと伝わっています。大手門脇に新しく神社ができ、明治天皇の巡幸がありました。

割れた石仏が近代日本への大きな変わり目だったのですね。時代の変遷を感じます。

今の時代を読み解く感性と目を磨いていきたいなあ。