安曇野の丘村山ブルーベリー園 カブトムシ捕りひまわり迷路がある自然農園

長野県安曇野市にある、自然の仕組みを活かした摘み取り専門観光農園です。化学合成農薬不使用・無施肥に徹し、自然栽培と品質にこだわって栽培しています。時間無制限・食べ放題で透明感のある酸と糖のバランスある北部ハイブッシュ系、糖が際立っているラビットアイ系の自然な味が楽しめます。農園内で自然発生したカブトムシ捕り、ひまわり迷路もご家族で楽しめる自然栽培農園です。  長野県安曇野市穂高有明7657ー1   ℡090-8326-2128  googlemap「安曇野の丘」

階段の勾配を決めました

夢の実現に向かって!

長野県安曇野市穂高北アルプスの裾野でブルーベリー観光農園を手作りしている村山昌夫です。趣味でブルーベリー栽培を始めて20年ほど、趣味が高じ十数年前から水田へ植え始め退職を期にブルーベリー観光農園として営業を始め、来年は節目の10年を迎えます。

 

最高品質のBBを作りたい、こんなBB園を作りたい、こんな物を作りたい‥‥。

BB栽培って面白く奥が深いなあ‥‥。

季節により、いろいろな顔を見せる安曇野を紹介したいなあ‥‥。

 

描いている夢の実現には、まだまだ途上。日々の小さな取り組みや思いをお伝えしたいなあ。

農園とともに成長していきたいなあ。

 

日々、進化していきたいなあ。

 

 

最高品質を求めて!

無農薬・無施肥栽培にこだわり、地植えとポットで2200株を越えるBBを営業栽培しています。主に北部ハイブッシュ系、ラビットアイ系を6月中下旬から8月末頃まで摘み取り園として営業しています。最高品質を安価でお客さんへ提供したく、日々工夫を重ねています。

ご家族が楽しめる農園を!

ご家族皆さんで楽しめるBB摘み取り園を目指しています。ご家族が楽しめればどなたでも楽しめます。当園で皆様に楽しいページを刻んでいただきたく、今は休園中ですので、アイディアを練っています。

進化していく農園をUPしたい!

日々のアイデアの中から実現できそうなことを形にして、進化していく農園でありたいと思っています。このブログ上で、写真を使い回しすることなくその日に撮った写真と共にアイデアを実現していく取り組みをUPしていきたいと思っています。

BBは菌根菌植物であることを発信したい!

酸性土壌にするための硫黄粉、アンモニア態窒素等の肥料(油粕、硫安などの化学肥料)を使わず自然の仕組み(BBに共生しているERM菌)を活かして自然栽培を実現しています。自然栽培の様子を発信していきたいと思っています。

季節により変化するBB、安曇野の美しさを発信したい!

季節によりいろいろな顔を見せるBBの表情をお伝えしたいなあ。北アルプスを背にしている安曇野、松本平の季節の変化、文化などもお伝えできたらいいなあ。日々の作業をお伝えしたいなあ。

 

 

これからもブログを覗いて下されば幸いです。

 

 

<階段の勾配を決めました

足水テラスと受付テラスとの接続の階段を作っています。

新しく柱を1本立て、階段の受けにボルトでしっかりと留めたので丈夫ですね。グラグラしない階段を作りたいです。勾配も決めたのですが、踏み板の幅が大きくなります。防腐剤をチョコッと塗って、本日はEndにしました。

明日は踏み板を作っていきます。細かな細工が必要で、作戦を考えないといけません。手順を考えておこう。

 

 

<浄化槽のクリーニング

浄化槽のクリーニングを業者さんがしてくれました。

観光農園のトイレは「きれい」「衛生的」「水洗」にこだわって小屋を作り、当園の中で一番きれいな所で個性的なトイレであることを心がけています。私は、観光地やホテル、旅館、飲食店へ行ったとき、必ずトイレへ行きます。そこのトイレの考え方を評価してきます。他がどんなに素晴らしくてもトイレが‥‥ですと、‥‥ですね。

9年前、小屋を作ろうとしたとき、下のお宅まで下水管が通っていたのですが当園まで通っていませんでした。市役所へ行って下水管の延長計画があるかと尋ねたところ、計画がないとの返答でした。そこで浄化槽を作ることにしました。ところが数年したら当園の前を通って県道まで下水管の延長工事が行われ接続バルブまで当園の前に作りました。市役所のやることで、計画性がありません。

 

「きれいなトイレ!」とお客さんにおっしゃっていただけることがあり、うれしいですね。招き猫がいっぱいあるトイレです。

数年に1回の割合で業者さんにクリーニングしていただいています。水は当園のポンプで送りました。調子もよいとのことで、まだまだ長持ちしそうで、まだまだ下水管のバルブにつなげなくてもよさそうです。

 

 

 

<穏やかな夕暮れ

昨日は大荒れでしたが、今日は穏やかな夕暮れ

葉がまだ付いていますので、剪定を始めるのはもう少しですね。