安曇野の丘村山ブルーベリー園 カブトムシ捕りひまわり迷路がある自然農園

長野県安曇野市にある、自然の仕組みを活かした摘み取り専門観光農園です。化学合成農薬不使用・無施肥に徹し、自然栽培と品質にこだわって栽培しています。時間無制限・食べ放題で透明感のある酸と糖のバランスある北部ハイブッシュ系、糖が際立っているラビットアイ系の自然な味が楽しめます。農園内で自然発生したカブトムシ捕り、ひまわり迷路もご家族で楽しめる自然栽培農園です。  長野県安曇野市穂高有明7657ー1   ℡090-8326-2128  googlemap「安曇野の丘」

剪定 初日

夢の実現に向かって!

長野県安曇野市穂高北アルプスの裾野でブルーベリー観光農園を手作りしている村山昌夫です。趣味でブルーベリー栽培を始めて20年ほど、趣味が高じ十数年前から水田へ植え始め退職を期にブルーベリー観光農園として営業を始め、来年は節目の10年を迎えます。

 

最高品質のBBを作りたい、こんなBB園を作りたい、こんな物を作りたい‥‥。

BB栽培って面白く奥が深いなあ‥‥。

季節により、いろいろな顔を見せる安曇野を紹介したいなあ‥‥。

 

描いている夢の実現には、まだまだ途上。日々の小さな取り組みや思いをお伝えしたいなあ。

農園とともに成長していきたいなあ。

 

日々、進化していきたいなあ。

 

 

最高品質を求めて!

無農薬・無施肥栽培にこだわり、地植えとポットで2200株を越えるBBを営業栽培しています。主に北部ハイブッシュ系、ラビットアイ系を6月中下旬から8月末頃まで摘み取り園として営業しています。最高品質を安価でお客さんへ提供したく、日々工夫を重ねています。

ご家族が楽しめる農園を!

ご家族皆さんで楽しめるBB摘み取り園を目指しています。ご家族が楽しめればどなたでも楽しめます。当園で皆様に楽しいページを刻んでいただきたく、今は休園中ですので、アイディアを練っています。

進化していく農園をUPしたい!

日々のアイデアの中から実現できそうなことを形にして、進化していく農園でありたいと思っています。このブログ上で、写真を使い回しすることなくその日に撮った写真と共にアイデアを実現していく取り組みをUPしていきたいと思っています。

BBは菌根菌植物であることを発信したい!

酸性土壌にするための硫黄粉、アンモニア態窒素等の肥料(油粕、硫安などの化学肥料)を使わず自然の仕組み(BBに共生しているERM菌)を活かし無施肥無農薬の自然栽培を実現しています。自然栽培の様子を発信していきたいと思っています。

季節により変化するBB、安曇野の美しさを発信したい!

季節によりいろいろな顔を見せるBBの表情をお伝えしたいなあ。北アルプスを背にしている安曇野、松本平の季節の変化、文化などもお伝えできたらいいなあ。日々の作業をお伝えしたいなあ。

 

 

これからもブログを覗いて下されば幸いです。

 

 

<剪定 初日

NH系から剪定を始めます。

これから毎日の剪定で、最高の品質を求めての剪定です。1株1株ごとにBBとの対話をしてどこを切ったらいいのか決めていきます。この対話がおもしろいですよ。

「調子はどうですか? 菌根菌のエサの有機物はあるかなあ?」

「根をしっかり張るといい体を作ることができますね。しっかりとhairrootを伸ばせたかい?」

「お日様をしっかりと受けられたかな?」

「今年はカミキリムシにかじられなかったかな?」

「今年のマイマイガは凄かったね、大丈夫だったかな?」

 ‥‥

今日は、初日で剪定の調子が出てきませんね。切っては眺め、眺めては切るで対話している時間が長くて、ぜんぜん進みません。調子が出るまでには4、5日かかるかな。

地植えが1,700株、ポット栽培が600株、計2,300株もあるから1日20株が目標ですがちっとも進まない初日でした。これから毎日剪定して、終了は3月末を目標にしています。

 

お客さんは何を求めて来園されるのでしょうか。

私は品質のよいBBを求めていると思います。摘み取り体験はどの観光農園でもやっていることで、当たり前のことです。更に「BBの品質がお客さんを楽しませる」と考え剪定をしています。品質は土作りと剪定で決まりますね。

午後3時30分、日が山へ入っていきました。

当園は西山の北アルプスの裾野にあります。冬になると日が早く沈み、急に寒くなってきます。

地面から空を見上げると剪定した枝ぶりがよく見えます。

まだまだ甘い剪定ですね。お日様にもっと当てないと来年はいい結果枝が出ない、もっと切りたいですね。明日はもっと切りましょう。