安曇野の丘村山ブルーベリー園 カブトムシ捕りひまわり迷路がある自然農園

長野県安曇野市にある、自然の仕組みを活かした摘み取り専門観光農園です。化学合成農薬不使用・無施肥に徹し、自然栽培と品質にこだわって栽培しています。時間無制限・食べ放題で透明感のある酸と糖のバランスある北部ハイブッシュ系、糖が際立っているラビットアイ系の自然な味が楽しめます。農園内で自然発生したカブトムシ捕り、ひまわり迷路もご家族で楽しめる自然栽培農園です。  長野県安曇野市穂高有明7657ー1   ℡090-8326-2128  googlemap「安曇野の丘」

RE系の花成ホルモンは?

-夢の実現に向かって!

長野県安曇野市穂高北アルプスの裾野でブルーベリー観光農園を手作りしている村山昌夫です。趣味でブルーベリー栽培を始めて20年ほど、趣味が高じ十数年前から水田へ植え始め退職を期にブルーベリー観光農園として営業を始め、来年は節目の10年を迎えます。

 

最高品質のBBを作りたい、こんなBB園を作りたい、こんな物を作りたい‥‥。

BB栽培って面白く奥が深いなあ‥‥。

季節により、いろいろな顔を見せる安曇野を紹介したいなあ‥‥。

 

描いている夢の実現には、まだまだ途上。日々の小さな取り組みや思いをお伝えしたいなあ。

農園とともに成長していきたいなあ。

 

日々、進化していきたいなあ。

 

 

最高品質を求めて!

無農薬・無施肥栽培にこだわり、地植えとポットで2200株を越えるBBを営業栽培しています。主に北部ハイブッシュ系、ラビットアイ系を6月中下旬から8月末頃まで摘み取り園として営業しています。最高品質を安価でお客さんへ提供したく、日々工夫を重ねています。

ご家族が楽しめる農園を!

ご家族皆さんで楽しめるBB摘み取り園を目指しています。ご家族が楽しめればどなたでも楽しめます。当園で皆様に楽しいページを刻んでいただきたく、今は休園中ですので、アイディアを練っています。

進化していく農園をUPしたい!

日々のアイデアの中から実現できそうなことを形にして、進化していく農園でありたいと思っています。このブログ上で、写真を使い回しすることなくその日に撮った写真と共にアイデアを実現していく取り組みをUPしていきたいと思っています。

BBは菌根菌植物であることを発信したい!

酸性土壌にするための硫黄粉、アンモニア態窒素等の肥料(油粕、硫安などの化学肥料)を使わず自然の仕組み(BBに共生しているERM菌)を活かし無施肥無農薬の自然栽培を実現しています。自然栽培の様子を発信していきたいと思っています。

季節により変化するBB、安曇野の美しさを発信したい!

季節によりいろいろな顔を見せるBBの表情をお伝えしたいなあ。北アルプスを背にしている安曇野、松本平の季節の変化、文化などもお伝えできたらいいなあ。日々の作業をお伝えしたいなあ。

 

 

これからもブログを覗いて下されば幸いです。

 

 

<RE系の花成ホルモンは?

当園のRE系の地植え栽培で一番成長の悪い圃場は。第6農園の南側です。

以前も紹介した場所で、市民農園へ貸し出した圃場の後にRE系を植えたところです。植える前に肥料などの袋が散乱し、そのまま返却された圃場で、RE系でも苦戦していたところです。このごろやっとRE系のワサワサ感が出てきました。

 

花芽をたくさん付けて、来年の収穫がたのしみですね。

 



ところが枝先を見ると、まだまだ成長したいよ、という新梢がたくさんあります。

一昨日の寒波は辺り一面に強い霜が降りました。

「もう寒くて成長できないよ、寒くて伸びられないよ」と、声が聞こえてきそうです。


書籍やネットでは季節外れの今ごろまで成長しているRE系は「肥料が効いている」「遅くまで肥料が残っている」と説明されていることが多いです。当園のポットにも地植えにも、一滴のアンモニア態窒素は入っていませんので、この理由は当てはまりませんね。

栄養成長から生殖成長へ移行させることを「花成」と呼ばれています。このタイミングは花芽を作るために大事な植物生理ですね。ところが、このタイミングを図れずにいつまでも栄養成長していると捉えることができます。

NH系もRE系ほどではないのですが見られます。当園のRE系は大変多く見られます。ポット栽培と地植え栽培の違い等からも考えて、この現象について、私は以下のように考えました。

「最適なBBの環境だと少しでも早く大きく成長させようと生殖成長より栄養成長を優先させる」

このようなシュートは、他の果樹でも多く見られることですね。以前、父が栽培していたリンゴでも同じように見ることができました。20年程前に趣味ではじめた頃は、本当に肥料が効き過ぎていたと思っていました。

環境が悪いと少しでも子孫を多く残して種の継続を優先させることは、よく知られていることです。ところが品質は落ちます。この栄養成長としてのシュートがワサワサとあることから、最適な環境になってきたと考えるようになりました。環境が整ってきたので以前とは違う成長を見せてくれたと思います。菌根菌を活性化することは確かな成長につながると思います。特にRE系は、この特性が強いですね。だから壮健という評価になるでしょう。

第6農園の南側の苦戦してきたRE系が、この頃はシュートをいっぱい出し勢いが出てきた株の様子から考えました。これは、BBのDNAにすり込まれている戦略であると思うようになりました。BBにかぎらず植物が持っている生き残りと繁栄の戦略ですね。

「品質を高めるには最適な環境」が大事なことであると考えています。

 

 

 

穏やかに暮れる安曇野

サッカー選手の夢を追っている青年の清々しさ、素晴らしい生き方を見させていただきました。感謝!

 

穏やかに安曇野が暮れていきました。