安曇野の丘村山ブルーベリー園 カブトムシ捕りひまわり迷路がある自然農園

長野県安曇野市にある、自然の仕組みを活かした摘み取り専門観光農園です。化学合成農薬不使用・無施肥に徹し、自然栽培と品質にこだわって栽培しています。時間無制限・食べ放題で透明感のある酸と糖のバランスある北部ハイブッシュ系、糖が際立っているラビットアイ系の自然な味が楽しめます。農園内で自然発生したカブトムシ捕り、ひまわり迷路もご家族で楽しめる自然栽培農園です。  長野県安曇野市穂高有明7657ー1   ℡090-8326-2128  googlemap「安曇野の丘」

NH系第1農園 剪定終わる!

夢の実現に向かって!

長野県安曇野市穂高北アルプスの裾野でブルーベリー観光農園を手作りしている村山昌夫です。趣味でブルーベリー栽培を始めて20年ほど、趣味が高じ十数年前から水田へ植え始め退職を期にブルーベリー観光農園として営業を始め、来年は節目の10年を迎えます。

 

最高品質のBBを作りたい、こんなBB園を作りたい、こんな物を作りたい‥‥。

BB栽培って面白く奥が深いなあ‥‥。

季節により、いろいろな顔を見せる安曇野を紹介したいなあ‥‥。

 

描いている夢の実現には、まだまだ途上。日々の小さな取り組みや思いをお伝えしたいなあ。

農園とともに成長していきたいなあ。

 

日々、進化していきたいなあ。

 

 

最高品質を求めて!

無農薬・無施肥栽培にこだわり、地植えとポットで2200株を越えるBBを営業栽培しています。主に北部ハイブッシュ系、ラビットアイ系を6月中下旬から8月末頃まで摘み取り園として営業しています。最高品質を安価でお客さんへ提供したく、日々工夫を重ねています。

ご家族が楽しめる農園を!

ご家族皆さんで楽しめるBB摘み取り園を目指しています。ご家族が楽しめればどなたでも楽しめます。当園で皆様に楽しいページを刻んでいただきたく、今は休園中ですので、アイディアを練っています。

進化していく農園をUPしたい!

日々のアイデアの中から実現できそうなことを形にして、進化していく農園でありたいと思っています。このブログ上で、写真を使い回しすることなくその日に撮った写真と共にアイデアを実現していく取り組みをUPしていきたいと思っています。

BBは菌根菌植物であることを発信したい!

酸性土壌にするための硫黄粉、アンモニア態窒素等の肥料(油粕、硫安などの化学肥料)を使わず自然の仕組み(BBに共生しているERM菌)を活かし無施肥無農薬の自然栽培を実現しています。自然栽培の様子を発信していきたいと思っています。

季節により変化するBB、安曇野の美しさを発信したい!

季節によりいろいろな顔を見せるBBの表情をお伝えしたいなあ。北アルプスを背にしている安曇野、松本平の季節の変化、文化などもお伝えできたらいいなあ。日々の作業をお伝えしたいなあ。

 

 

これからもブログを覗いて下されば幸いです。

 

 

<NH系第1農園 剪定終わる!

NH系の第1農園の剪定が終わりました。

全体の10分の1ほどが終わりました。高い花芽は2m以内に押さえ、お客さんの手が届く範囲に収めました。頂芽優勢で新梢の先にはいい花芽があるのですが、泣く泣く切ります。手の届く範囲に収めるために、下にもお日様が当たって充実した枝葉にしています。これを切らないと脚立で採らなければなりませんね。観光農園では、脚立を使うことはできないことです。

第2農園は、まだ手つかずで伸び放題ですね。

これに比べると第1はスッキリしました。でも細かく見ていくと甘い剪定のところがあります。開花期にもう一度、摘花を兼ねて剪定を確かめていきます。

 

コンプレッサーを持っていく

当園はBBの観光農園として栽培しています。

当園のスタッフは、下の畑で小麦、ライ麦、野菜、葉物、自然薯などを無施肥無農薬の自然栽培に徹して栽培しています。米も無施肥無農薬で栽培しています。

無農薬ですので米の中に草の種やカメムシが食べた黒い米が入っています。そこで光選別機とメッシュのふるいを導入して、商品にしています。

食べると何も関係ありませんが、見た目で商品になりません。光を使って選別し色の黒い粒があると空気で吹き飛ばします。そのときのコンプレッサーが壊れたので、当園のコンプレッサーを持っていきました。調子良く作動しました。

味は変わらないのですが、商品にするには、機械を必要としています。工業製品のように、見た目を大事にしている、農産物の規格化、選別化、これが現代の無施肥無農薬の自然栽培の米作です。これに小さな抵抗をしているのが当園のBB園です。

 

 

コチョウランのネコ対策

コチョウランの鉢を遊び場にしている子猫

大きくなりました。やっといいアイディアが浮かびました。100円ショップで籠を購入して、籠の中へ鉢を並べました。いい調子でひっくり返すことができません。

「わたしの遊び場を‥‥」と、子猫が言っているようです。

ちょっと様子を見てみましょう。