安曇野の丘村山ブルーベリー園 カブトムシ捕りひまわり迷路がある自然農園

長野県安曇野市にある、自然の仕組みを活かした摘み取り専門観光農園です。完全無農薬、硫黄粉や有機・化学肥料を使わず、自然栽培と品質にこだわって栽培しています。時間無制限・食べ放題で透明感のある酸と糖のバランスある人気品種のハイブッシュ系、糖が際立っているラビットアイ系の自然な味が楽しめます。農園内で自然発生したカブトムシ捕り、ひまわり迷路もご家族で楽しめる自然栽培農園です。  長野県安曇野市穂高有明7657ー1   ℡090-8326-2128  googlemap「安曇野の丘」

安曇野は田植えの季節 ポットへ植え付け

<4月26日午前8時30分頃撮影>

安曇野市豊科高家より北アルプスを臨む。水田に水が張られ代かきが始まりました。田植え前、水田が水鏡となって一瞬の景色です。

安曇野は、田植えの季節を迎えました。

 

休園中は、皆様をお迎えする準備をしています

 

お子様たちの笑顔は最高! お子様は、かけがえのない宝!

<昨年、撮影させていただいたお子様たち、ブログにUPした一部です>

お客様の笑顔を想い、お迎えする準備が続いています。

こだわりの完全無農薬で硫黄粉や有機・化学肥料を使わず、共生している菌根菌を活性化させ、自然の仕組みを活かした自然栽培に徹しています。ハイブッシュ系、ラビットアイ系の選りすぐりの42品種を揃え、6月下旬から9月まで摘み取りができる観光農園です。カブトムシ捕り、ひまわり迷路も楽しめる自然農園です。今、いろいろなアイデアを練っていますので、開園前には実現して皆様をお迎えしたいなあ。

ご家族の皆様、お子様が笑顔になるような農園を目指しています。

今年も皆様のご来園をお待ちしております。

 

 

系統・品種の食味の違いをお楽しみ下さい。

BB‥‥ブルーベリーの略

NH系‥北部ハイブッシュ系の略

RE系‥ラビットアイ系の略

BB(ブルーベリー)は、NH(北部ハイブッシュ)系RE(ラビットアイ)系があります。人の世界では両者をBBと呼んでいますが、原産地はそれぞれ北米の北部と南部に分布し、別種で梨と桃、スイカとカボチャほど違います。BBは、梨と桃ほど違うのに同じ色の顔をしているのですから、同じBBとして世に通用しています。

系統によって、実の大きさ、食味、風味、ジューシーさ、酸と糖のバランス、果皮の厚さ・硬軟などがまったく違います。加熱すると違いが顕著ですので、ジャムは別物になりレシピも違います。また冷凍のまま食べると違いはあまり感じなくなります。

RE系は、NH系に比べると小粒の品種が多く、品種によっては種のザラザラ感を感じ、果皮が口に残ることもあります。人によって好みの分かれるところですね。RE系の栽培は、NH系に比べると簡単で初心者にお勧めしています。

BBの摘み取りが、長い期間楽しめ、両系統の違い・品種の個性を楽しんでいただきたく、2系統を栽培し、いろいろな品種を揃えています。BBの専門店を目指しています。

好みの品種や株を見つけ楽しんで下されば幸いです。

 

 

 

安曇野は田植えの季節 ポットへ植え付け

安曇野の田植えが最盛期です。

 

安曇野市豊科よりドシャリ!

安曇野市穂高柏原よりドシャリ!

蝶ヶ岳の『蝶の雪形』がハッキリと見えます。

 

いつもの場所、安曇野市穂高有明よりドシャリ!

田植えをしたばかりで、稲の苗は傾いていますね。これが根付いて立ち上がってきます。

 

当園のひまわり畑の下の水田も田植えが始まりました。

 

当園の下にある野沢菜の花は、鮮やかさが最後になったかな。

 

スリット鉢に植えたNH系を大鉢へ鉢換えです。

ポット栽培も地植えと同じように無施肥、無農薬で菌根菌の活性化で栽培ができないかと試行してきました。5年経過したところでやっと見えてきました。

下の半分ほど杉皮を入れたところへ太い根が這っています。杉皮へ根が這っている植物は見たことがありません。BBが未分解有機物の中へ、糸状菌である菌根菌が共生しているためですね。BBの不思議です。

BBの根には菌根菌が取り付いているのですから、あえて菌根菌の種(胞子)は必要ありませんね。自分の根が伸びるに従って菌根菌も増殖します。

杉皮を使っていることでコガネムシを忌避させているのかは確信がないのですが、今のところ順調です。

 

RE系の苗を植えました。

台木にする品種は、途中で切り、強剪定です。強く太い新梢を誘っています。ポットから抜いてそのまま植えれば、接ぎ木が簡単ですよ。来年、再来年の準備です。

ピートモス、ココピートは水に浸けてありません。カラカラのままです。教科書では水を云々とあるのですが、手抜きをしても何の問題なく育っています。

 

たっぷりの水をかけるとドロドロになり、しばらくすると水が引けて通常の用土のようになります。もう一度繰り返すと大丈夫です。ピートモスはいろいろ作物の用土として使われています。事前に水を含ませているのはBBの世界だけのようです。

品種によっては実を落としただけ、風が強かったので針金で固定です。

 

9日の冷霜害で花(RE系)も枯れていました。

この程度なら、収穫量にはまったく関係ないようです。

 

水やりが終わった頃、栽培仲間が遊びにきました。

リタイアする前、水田に植え始めた頃に知り合った栽培仲間です。私より2年程前からBBを水田へ植え始めていました。いろいろな面で教えていただきました。

今日もいろいろと教えていただきました。有名なナーセリーから出ているパテント品種も含めてSH系の品種をほとんど栽培し、評価や育ちについて教えていただきました。信州でSH系は、寒さがあるので敬遠していたのですが育てやすい品種もあるので参考になりますね。

収穫時に誘って下さったので、実際に品種ごとに味、育ちを確かめたいなあ。

ありがとうございました。

 

『人生に三師あり、一に自然、二に人、三に本』

栽培仲間の情報がありがたいなあ、感謝です。

 

セイヨウミツバチとニホンミツバチです。両者とも来て、受粉の真っ最中です。

 

 

 

 

今日もよい一日をお過ごしください。