安曇野の丘村山ブルーベリー園 カブトムシ捕りひまわり迷路がある自然農園

長野県安曇野市にある、自然の仕組みを活かした摘み取り専門観光農園です。完全無農薬、硫黄粉や有機・化学肥料を使わず、自然栽培と品質にこだわって栽培しています。時間無制限・食べ放題で透明感のある酸と糖のバランスある人気品種のハイブッシュ系、糖が際立っているラビットアイ系の自然な味が楽しめます。農園内で自然発生したカブトムシ捕り、ひまわり迷路もご家族で楽しめる自然栽培農園です。  長野県安曇野市穂高有明7657ー1   ℡090-8326-2128  googlemap「安曇野の丘」

花の付け根の葉が真っ赤

<5月18日午前9時頃撮影>

安曇野市穂高有明より、残雪が残る北アルプス北部をドシャリ!麦が実ってきました。麦秋まであと少し、麦が収穫されると次はBBの番です。あと1ヶ月ほどでBBが実ってきます。

 

休園中は、皆様をお迎えする準備をしています

 

お子様たちの笑顔は最高! お子様は、かけがえのない宝!

<昨年、撮影させていただいたお子様たち、ブログにUPした一部です>

お客様の笑顔を想い、お迎えする準備が続いています。

こだわりの完全無農薬で硫黄粉や有機・化学肥料を使わず、共生している菌根菌を活性化させ、自然の仕組みを活かした自然栽培に徹しています。ハイブッシュ系、ラビットアイ系の選りすぐりの42品種を揃え、6月下旬から9月まで摘み取りができる観光農園です。カブトムシ捕り、ひまわり迷路も楽しめる自然農園です。今、いろいろなアイデアを練っていますので、開園前には実現して皆様をお迎えしたいなあ。

ご家族の皆様、お子様が笑顔になるような農園を目指しています。

今年も皆様のご来園をお待ちしております。

 

 

系統・品種の食味の違いをお楽しみ下さい。

BB‥‥ブルーベリーの略

NH系‥北部ハイブッシュ系の略

RE系‥ラビットアイ系の略

BB(ブルーベリー)は、NH(北部ハイブッシュ)系RE(ラビットアイ)系があります。人の世界では両者をBBと呼んでいますが、原産地はそれぞれ北米の北部と南部に分布し、別種で梨と桃、スイカとカボチャほど違います。BBは、梨と桃ほど違うのに同じ色の顔をしているのですから、同じBBとして世に通用しています。

系統によって、実の大きさ、食味、風味、ジューシーさ、酸と糖のバランス、果皮の厚さ・硬軟などがまったく違います。加熱すると違いが顕著ですので、ジャムは別物になりレシピも違います。また冷凍のまま食べると違いはあまり感じなくなります。

RE系は、NH系に比べると小粒の品種が多く、品種によっては種のザラザラ感を感じ、果皮が口に残ることもあります。人によって好みの分かれるところですね。RE系の栽培は、NH系に比べると簡単で初心者にお勧めしています。

BBの摘み取りが、長い期間楽しめ、両系統の違い・品種の個性を楽しんでいただきたく、2系統を栽培し、いろいろな品種を揃えています。BBの専門店を目指しています。

好みの品種や株を見つけ楽しんで下されば幸いです。

 

 

 

花の付け根の葉が真っ赤

本日のBBの様子です。受粉後をドシャリ!

RE系の受粉後に見える真っ赤になっている極小の葉です。受粉が終わり花柱が枯れ、斜め上を向いて来ました。

 

本日のNH系の受粉後をドシャリ!

今朝まで雨が降っていたので花びらは、水を含んで茶色になっています。花柱も枯れて落ちそうです。赤い小さな葉がピカピカと目立っています。

花の付け根にある小さな葉が真っ赤になり、地面に落ちていたのでドシャリ!

神様のイタズラ?

5月2日に撮影したRE系の花です。

花の付け根をよく見て下さい。

小さな緑色の葉が付いているでしょう。神様がイタズラしたプレゼントでしょう。

「花にも葉を付けよう、でも葉が大きくなると花が隠れてしまうから、やっぱりない方がいいなあ」

と、枯らしてしまったのかな?

 

BBの不思議の一つです。

何でここに極小の葉があるのか、しかも受粉すると紅葉して真っ赤になり落ちてしまいます。動物なり植物の形態は、何かの機能があり進化してきたか、退化した跡か、不思議です。花芽の中にあるとき、花を守るための葉だったかなあ、受粉が終わると役目が終わり、枯れて落ちたのかなあ、不思議です。

 

 

ハウスの片付け

ハウスの片付けと同時に改造しています。

ビニペットを長さで切り、スプリングで留められるようにしました。4㎜ネットを張って、害虫が入れなくして、産卵できないようにします。これで風にもあおられないですね。こんな感じになりました。

まだまだ時間がかかりそうです。

 

マイマイガの幼虫です。大きくなりました。

受粉が終わると実が膨らんできますので、もう花は食べません、葉を食べてもBBの方が勢いがあるので、まったく収穫には関係ありません。鳥に見つかって、ほとんどは食べられてしまいます。

5月上旬に南風に乗って飛んできて、こんなに大きくなりました。去年に比べると少ない感じです。

鳥さん、雛のエサにして、虫をいっぱい食べてね。

無農薬無施肥の自然栽培にこだわっています。

 

 

 

 

今日もよい一日をお過ごしください。