安曇野の丘村山ブルーベリー園 カブトムシ捕りひまわり迷路がある自然農園

長野県安曇野市にある、自然の仕組みを活かした摘み取り専門観光農園です。化学合成農薬不使用・無施肥に徹し、自然栽培と品質にこだわって栽培しています。時間無制限・食べ放題で透明感のある酸と糖のバランスある北部ハイブッシュ系、糖が際立っているラビットアイ系の自然な味が楽しめます。農園内で自然発生したカブトムシ捕り、ひまわり迷路もご家族で楽しめる自然栽培農園です。  長野県安曇野市穂高有明7657ー1   ℡090-8326-2128  googlemap「安曇野の丘」

ひまわり畑の準備

<昨年のひまわり畑>

昨年、『ひまわり畑』を作ったところ、たくさんのお客さんに楽しんでいただきました。ひまわりの花を見ると、だれでも笑顔、明るい気持ちにさせてくれますね。

お客さんの笑顔は、素敵ですね。今年も、お客さんがひまわりを見て採って、素敵な笑顔になるように『ひまわり畑』を作りたいなあ。

 

今年もひまわりを作るぞ!


<ひまわり迷路>

『ひまわり迷路』で楽しんでいただきました。ひまわりの花に迷路を作ったお子さんもいました。

迷路から帰ってきたお客さんへ「むずかしかった?」と聞くと

「かんたん、かんたん」と、涼しい顔で答えるお子さんもいました。

「途中で帰って来ちゃった」と、ママさんもいました。

 

今年は、もっと難しい迷路を作るぞ!

 

<ひまわり畑の準備>

昨年のひまわり畑は、ポット栽培の圃場にしましたので、今年は下をひまわり畑にします。ここは、水田だったところを10年近く前から畑に、この4、5年は何も作らなかったところです。有機物がほとんど無く土が堅くしまっています。多めの廃菌床を入れてひまわりが育つように準備しています。

トラック4台の廃菌床を畑へ広げています。これが結構の重労働、炎天下では続きません。もう歳だなあ。もう1、2日くらいかかるかなあ。

2週間程前に廃菌床を運んでいただきました。表面は糸状菌の菌糸がいっぱいです。これがひまわりの育ちにとてもよいです。科学肥料ですと、ますます土が堅くしまってしまいます。有機物を入れると、この糸状菌で土が蘇ります。この原理はBBと同じです。菌根菌・エンドファイトの力ですね。

今日の朝から隣の幼なじみが下の水田に水を入れ起こし、土手の草刈りをしていました。田植えの準備ですね。

これは当園も草刈りをしないと、大急ぎでひまわり畑の周りの草刈りをしました。今年初めてのスパイダーモアですが、昨年使用後に混合油を全部使い切ったので、エンジンは快調、これから毎日少しずつの草刈りが始まります。