安曇野の丘村山ブルーベリー園 カブトムシ捕りひまわり迷路がある自然農園

長野県安曇野市にある、自然の仕組みを活かした摘み取り専門観光農園です。化学合成農薬不使用・無施肥に徹し、自然栽培と品質にこだわって栽培しています。時間無制限・食べ放題で透明感のある酸と糖のバランスある北部ハイブッシュ系、糖が際立っているラビットアイ系の自然な味が楽しめます。農園内で自然発生したカブトムシ捕り、ひまわり迷路もご家族で楽しめる自然栽培農園です。  長野県安曇野市穂高有明7657ー1   ℡090-8326-2128  googlemap「安曇野の丘」

菌根菌

硫黄粉、肥料と決別!

8月21日(日)をもちまして閉園させていただきました。 6月19日より2ヶ月間、開園してきました。たくさんの方々がご来園して下さり、ありがとうございました。 来年に向けてアイデアを練っています。実現できそうなことを形にしていきたいなあ、進化し…

かわいいキノコ

8月21日(日)をもちまして閉園させていただきました。 6月19日より2ヶ月間、開園してきました。たくさんの方々がご来園して下さり、ありがとうございました。 来年に向けてアイデアを練っています。実現できそうなことを形にしていきたいなあ、進化し…

ポット栽培 菌根菌の種

<ポット栽培 菌根菌の種> 第10農園のポットへ当園特製の菌根菌の種を入れています。いろいろとブレンドして作っています。全部のポットへ入れるには1週間ほどかかるかな。第9農園でまだ2シーズン経過したところですが育ちは良好です。 原産地の林間で生…

ポット無施肥栽培の評価

<ポット無施肥栽培の評価> ポット栽培の剪定の真っ最中です。あと1日もあれば第9農園(NH系)のポット栽培の剪定は終わりそうです。 BBは菌根菌植物であることから地植え栽培は無施肥栽培に徹しています。 当園のポット栽培も無施肥栽培に徹し菌根菌…

あっ、まだ残っている!

<あっ、まだ残っている!> 剪定をしていると株元に、 「あれれれ、8年前に入れたバークだ!」 8年前、退職して毎日が日曜日で嬉しくて、毎日軽トラで森林組合と農園とを何往復もしてバークを運びました。まだ樹が小さいので園の中へ軽トラで入ることがで…

一年後の籾殻はスギナが優先

<一年後の籾殻はスギナが優先> 昨年の今頃、籾殻を厚く入れた一年後、ラビットアイ系の第6農園です。スギナが優先しています。野菜等を作っている農家にとっては、嫌われるスギナです。当園にとっては、スギナが出てくると大喜び、理想的な土壌になってき…

ポットの返却

<ポットの返却> 栽培仲間へポットを返却してきました。 菌根菌の種を入れたときの有効性を熱く語ってくれました。まったく同感で、実践していくと、ここへ行き着いたのですね。ご自身で考え、試行錯誤も含めて実践し、成果を出していることが嬉しいですね…

籾殻を広げています

<籾殻を広げています> 第5農園、北部ハイブッシュ系の地植えに軽トラで運んだ籾殻を広げはじめました。株と株の間に植えた北部ハイブッシュをユンボでゴッソリと抜き取りました。大きな株でユンボでないと掘れないほど大きくなっています。 ここは水田転…

地植えも秋本番

<地植えも秋本番> 北部ハイブッシュ系の第1農園が紅葉が鮮やかでしたのでドシャリ。今が秋本番ですね。『小さなお家』の屋根の防腐剤塗りをやりたいのですが、他にやることがいっぱいで、後回しですね。 <ポット植え> 今日は助っ人がきてくれたので、は…

根の広がりから一考

<根の広がりから一考> 本日も2年苗を地植えして2年後のラビットアイ系を掘り取りました。 メジャーが置いておる位置が木材チップの地表です。根があった位置に広げてみました。手前、奥にも三次元に広がっていたのですが、左右に分けておきました。下へ…

表面に根を伸ばす

<表面に根を伸ばす> 本日掘り取ったラビットアイ系です。植木職人の友人からサツキの移植の方法を教えていただいた通りに、根を切らないように素手で掘り取りました。 根の長さを測ったら60㎝ほどありました。表面の木材チップの中を這っていました。先はH…

ラビットアイ系を掘り取っています

<ラビットアイ系を掘り取っています> 第8農園からラビットアイ系2種を掘り取りました。2年生苗を植えて2シーズンが過ぎました。品種によって育ちが大きく違います。根の張り方は同じですが、育ちが大きく違います。品種によって個性がありますね。 2…

ポットを運んでいます

<ポットを運んでいます> 運搬車でポットを運んでいます。 ラビットアイ系を植えたポットが駐車場にいっぱいになってきたので防草シートの上に運んでみました。運搬車に5個しか乗らないので何往復もしないといけません。この運搬車、ボロボロになってきま…

木材チップの中の根

<マルチの中の根> ラビットアイ系2年生苗を地植えで2年過ぎた株を第7農園から掘り起こしてきました。 根の付き方、Hair Root がはっきりと分かりますね。2年間で根の張り方が木材チップの中を5,60㎝ほど広がっているのが分かります。チップの中へ…

防草シート3列

<防草シート3列> 昨日の雨が水たまりとなっていたので、地面の高低が分かってよかったです。 ウムウム、今日は順調に一列70m弱の防草シートを3列、張ることができました。硫黄粉やピートモスを用土に入れて酸性にしアンモニア態窒素の肥料を使うのが…

籾殻の山が強い南風を受けて

<籾殻の山が強い南風を受けて> 米作農家から運んでいただいた籾殻が背丈ほどの山になっています。日本海に低気圧があると、ここ安曇野は強い南風が吹きます。南風に吹き飛ばされた籾殻は北側へ飛んでいきます。写真のように砂丘の砂のように飛んでいきます…

コーヒーカスを2台

<コーヒーカスを2台> コーヒーカスを2台、運んでいただきました。 安曇野にある全国区の飲料メーカーからいただいています。缶やポットへのコーヒー飲料の原料の廃棄物ですが、廃棄物ではなく特殊肥料として扱っています。絞ってすぐですので、湯気が立…

ポットへちょっと植えてみました

<ポットへちょっと植えてみました> 第8農園でラビットアイ系2年生苗を植えて2シーズンが過ぎました。硫黄粉やピートモスを使わずに無施肥での2年間でしたが、元気いっぱい。この品種は背丈近くほど新梢が伸びています。これも菌根菌が活性化したためで…

菌根菌に絞ったポット栽培の準備

<菌根菌に絞ったポット栽培の準備> 排水管(ネトロンパイプ)を半割しポットの端に2本差し込んでおきます。そこへウッドチップを入れて準備は出来上がりです。 《何故排水管を半割にして差し込んだのか》 加湿にならないようにします。これで空気が入り菌…

水運び

<水運び> ポット栽培に水を撒きました。防鳥ネット支柱を立てるため、今まであった地中に埋めてあった配水管を取り出したので、パイプを使っての散水ができません。雨頼みであったのですが、ポットに植えてあるBBの葉がよれてきたので、水を運び、散水し…

1年後の籾殻

<1年後の籾殻> 5年前に入れ、更に昨年の今頃、籾殻を入れたところが丁度1年が過ぎました。この3枚は北部ハイブッシュ系です。1枚目は、5年前に入れ、昨年もいれたところです。ブリジッタですが、元気いっぱいです。 ラビットアイ系にも1年前にたく…

籾殻運搬車へ改造

<籾殻運搬車へ改造> 物置から板を引っ張り出してきました。重い、こんなに重かったかなあ。 左側板をボルトとナットで締めます。 右側板を同じようにボルトとナットで締めます。 運転席の上板をコーススレットで張り付けます。 蝶番が付いている後ろ扉を75…

ひまわり畑へハンマーモア

<ひまわり畑へハンマーモア> ひまわり畑へハンマーモアを入れました。トラクターで耕耘したいので夏草、ひまわりの茎を細かくしました。これを入れないと夏草がロータリーの刃に巻き付いて大変なんです。長い茎は刃で土の中へ入れてしまいます。 ハンマー…