安曇野の丘 村山ブルーベリー園 ℡090-8326-2128

炭素循環農法で、極上のブルーベリーをお客様に、快適な農園ライフを目指した摘み取り専門農園作りの日々の記録

ママは畑でブルーベリー摘み 「あと少しでお誕生日なんです」とパパ

f:id:murayama147:20200714192947j:plain

f:id:murayama147:20200714194057j:plain

「お父さん、こっち向いて」お二人でパチリ。「あと少しでお誕生日なんです」とパパ。ブルーベリーを次々に口へ、ブルーベリーの味が分かるお子さんですね。お馬に乗ってご機嫌でした。パパさんのお子さんへの温かい思いが伝わってきました。いつまでもお幸せに。

f:id:murayama147:20200714192626j:plain

f:id:murayama147:20200714192715j:plain

大学生のお姉さんは、学校に行かない日々が続いているそうでパパさんが連れだって来園してくださいました。姉妹で仲良くブルーベリー狩りを楽しんでいただきました。パパさんは遠くから温かく見守っていました。

f:id:murayama147:20200714192824j:plain

たくさん集めてきました。お上手でいい実だけでした。お二人で園内を摘みながら楽しく回ってくださいました。

f:id:murayama147:20200714194146j:plain

「○○募集中です」……「冗談ですよ」……明るいお二人です。ゆっくりしていただきコーヒーも楽しんでいただきました。ネットで検索して来園してくださいました。お友達でゆっくりと楽しんでいただきありがとうございました。帰りは気をつけてお帰りくださいね。

f:id:murayama147:20200714194234j:plain

お一人で来園されたお嬢さん、顔出しNGできれいにパック詰めしたブルーベリーをパチリ。ご両親に宅配でお送りなさるそうです。受け取ったご両親は、きっとお嬢さんの気持ちがうれしくてブルーベリーを味わうことでしょうね。優しい気持ちをのせて当園のブルーベリーを使っていただきありがとうございました。

「じじはここで待っているね」

f:id:murayama147:20200713172411j:plain

f:id:murayama147:20200713172511j:plain

赤ちゃんと一緒に里帰りしたお嬢さんはお母さんとブルーベリー狩りを楽しんでいました。休憩所でお父さんとお孫さんと一緒に留守番をしていました。お孫さんの世話ができるお父さんは始終ニコニコ、コーヒーを飲みながらお帰りを待っていました。

f:id:murayama147:20200713172601j:plain

f:id:murayama147:20200713172653j:plain

f:id:murayama147:20200713172752j:plain

ご家族で来園していただきました。赤ちゃんはブルーベリーが大好きでパパさんよりもたくさん食べていました。「この子がおなかの中にいるときにここでブルーベリーをいっぱい食べたからだよ」とママさん。パパさんはブルーベリーよりもカブトムシ捕りに夢中。たくさん見つけてきました。捕ってきたカブトムシを見て赤ちゃんは、大泣きでパパにしがみついていました。しばらくしてご機嫌になってからパチリ。

f:id:murayama147:20200713172858j:plain

ブルーベリーの最盛期を迎えています。日曜日は込みますので、日曜日を外した方がいいですよ。ご来園をお待ちしております。

「幸せの鐘」が安曇野の丘に響きました

f:id:murayama147:20200712202226j:plain

幸せの鐘」が安曇野の丘に響き渡りました。日曜日でご家族の方々が多く、限られたスタッフで慣れないお客相手の対応で四苦八苦。午後になって手が空いたとき鐘の音が聞こえてきたので展望テラスに行ってみるとお子さん達がいっぱいいました。お子さん達の笑顔がとてもいいですね。親御さん達もとてもいい顔でいました。皆様がブルーベリー農園で笑顔いっぱいになることを願って始めた農園ですので、「幸せの鐘」が皆様に響き渡りました。ありがとうございました。

f:id:murayama147:20200712201028j:plain

f:id:murayama147:20200712202050j:plain

f:id:murayama147:20200712202135j:plain

f:id:murayama147:20200712202316j:plain

f:id:murayama147:20200712202411j:plain

f:id:murayama147:20200712202502j:plain

f:id:murayama147:20200712202554j:plain

f:id:murayama147:20200712202646j:plain

f:id:murayama147:20200712202739j:plain

ご家族の楽しい様子が伝わってきました。皆さんの笑顔が素敵ですね。ご家族で、お友達で、ペットと一緒で、カップルで、お一人でも更に楽しめる農園にしたいですね。

お孫さんに囲まれてニコと

f:id:murayama147:20200711210032j:plain

f:id:murayama147:20200711205821j:plain

f:id:murayama147:20200711205923j:plain

今年もご家族皆様で来園してくださいました。元気いっぱいの2歳のお子さんはブルーベリーが大好きで一山食べてしまいました。下のお子さんはパパの胸の中でご機嫌。みんなそろったところでご家族皆様で記念写真を撮りました。ご家族の絆を深めた安曇野の農園の一コマです。

f:id:murayama147:20200711212956j:plain

f:id:murayama147:20200711213111j:plain

f:id:murayama147:20200711213202j:plain

f:id:murayama147:20200711213252j:plain

f:id:murayama147:20200711213534j:plain

f:id:murayama147:20200711213343j:plain

f:id:murayama147:20200711213437j:plain

ラビットアイ系の第5農園は細かい防鳥ネットで覆われています。カブトムシの角が入りにくいので出てきたままにしてあります。ネットにはカブトムシが外へ出られなく何匹もとまっています。この第5農園はカブトムシがとりやすですよ。子どもさんたちでは手が届かないので大人を呼んで手を伸ばしていました。ママさんは「あなた達はカブトムシ狩りに来たんだね。ママはブルーベリー狩りに来たのよ」と。楽しい農園の中でした。

お元気なお母様

f:id:murayama147:20200710175011j:plain

f:id:murayama147:20200710175101j:plain

息子さんご夫婦がお休みでしたので、お母様が声をかけて来園されたそうです。息子さんは全種類を食べて味比べをして、園内を回っていました。元気なお母さんは摘み取りを楽しんでいただきました。息子さんご夫婦と幸せな時間を送っていただきました。いつまでもお元気でいてくださいね。

f:id:murayama147:20200710175150j:plain

ブルーベリーの看板を見て来園してくださいました。園内を一回りしたあと、休憩をかねてブルーベリーを食べながら農園コーヒーを飲んでくつろいでいただきました。畑からの風を受けながらゆっくりしていただきました。ご来園ありがとうございました。f:id:murayama147:20200710174918j:plain

雨が降ったり南風が強く吹いたりしてお客さんが途切れる時がありました。そんなときは、テラスで採ってきたブルーベリーを山盛りにしてコーヒーを楽しんでいました。品種は「ブルーチップ」で、今最盛期です。指で押すと白い粉<ブルーム>が落ちてしまいます。そっと親指でひねるとポロリと落ちるのが完熟です。5,6粒をまとめて口の中へ放り込むのが、一番美味しい食べ方ですよ。酸と糖のバランスが品種毎に違います。ブルーチップは、先に甘さが口の中に広がりすっきりとしたフルーティな酸味が後から訪れる感じですね。甘さが勝っている品種で、この酸と糖の絶妙なバランスがいいですね。ハイブッシュ系は、完熟すると未熟の酸っぱさではなくフルーティな酸味が命ですよ。初夏の味ですね。

お客さんに食べてもらえない実が、この強い風で地面にボタボタと落ちてしまいました。農業は天候に左右されますね。残念ですが仕方ないですね。

 

ご家族でブルーベリー摘みを楽しんでいただきました

f:id:murayama147:20200709174348j:plain

f:id:murayama147:20200709174442j:plain

梅雨空の下、アジサイが見事に咲いてくれました。3年目でやっといい花を付けるようになりました。「足水」へ行く途中にありますので、ご覧いただければ幸いです。

f:id:murayama147:20200709181701j:plain

f:id:murayama147:20200709181605j:plain

f:id:murayama147:20200709181815j:plain

今年も来てくださいました。ご家族でブルーベリー摘みを楽しんでいただきました。ご家族の楽しい一時を当園で過ごしていただいたことに感謝いたします。お子さん達も上手に摘み取りをしていました。当園では、ご家族の摘み取りを応援しています。

今シーズン2回目の来園で、お孫さんと楽しい一時を過ごしていただきました。お孫さんのお気に入りのカエルのイラストが付いた長靴を忘れてきてしまったとのこと、でも楽しく摘み取りをしていただきました。ありがとうございました。

f:id:murayama147:20200709181908j:plain

f:id:murayama147:20200709181955j:plain

完熟の実を集めてきました。お上手ですね。雨が多かったので割れてしまっている実が多い中、見事ですね。ふたを空けて乾かしていました。

f:id:murayama147:20200709182044j:plain

f:id:murayama147:20200709182129j:plain

今日は、40匹くらいのカブトムシが出てきました。ケースの中には100匹を越えていますので、写真のように止まり木に集まって場所取りが始まっていました。お子さん達のお越しをお待ちしています。入園されたお子さんは一人1匹無料でお持ち帰りください。ケースや虫かごをお持ちくださいね。

大雨特別警報 「絵手紙に使いたいから持ち帰っていいですか」

f:id:murayama147:20200708181205j:plain

乗鞍上高地地方に大雨特別警報が出されました。農園のある安曇野市穂高有明は午前6時頃から8時頃に強い雨になりました。小屋のテラスに雨が吹き込みびっしょりになりましたが、被害はありませんでした。被害に遭った所もありお見舞い申し上げます。友人や親戚から電話をいただきご心配をかけました。ありがとうございました。午前11時ころには小雨となり雨が上がり日も出てくるほどでした。

用水は乗鞍上高地から流れてきている梓川から取り入れていますので、様子をみたら茶色の水となっていました。上流ではたいへんな雨量が想像できますね。

f:id:murayama147:20200708180713j:plain

f:id:murayama147:20200708180800j:plain

f:id:murayama147:20200708180846j:plain

朝の強い雨の中、ネットにとまっているカブトムシを集めてきました。ネットにとまったままにしておくとネットに角を絡ませてとれなくなってしまいます。今日は20数匹ほどでてきました。受付にあるケースの中に入れましたが、いっぱいになってきました。お子さん達に持っていってもらわないと。

f:id:murayama147:20200708181550j:plain

f:id:murayama147:20200708181253j:plain

f:id:murayama147:20200708181453j:plain

f:id:murayama147:20200708181356j:plain

f:id:murayama147:20200708181656j:plain

「絵手紙に使いたいから持ち帰っていいですか」とお客さん。あっ、そういう使い方があったのですね。ご自分で採った実をパック詰めして、枝を大事に持ってお帰りになりました。他のお客さんは化粧ケースに入れて送ったり、ご自分で他の物も一緒にして宅配に頼むそうです。

鷹 また空を飛ぶ  雨の中の摘み取り

f:id:murayama147:20200707183108j:plain

f:id:murayama147:20200707183159j:plain

f:id:murayama147:20200707183252j:plain

強い雨でしたので摘み取りのお客さんが来ない間に、先日の強風のときに展望テラスにあった鷹を外そうとしたところ、支柱を折ってしまったので修理しました。4mの短管に支柱を針金でくくりつけました。防鳥ネット用の短管に縛りつけました。防鳥には役に立たないのですが、のぼりをぶら下げて働いてもらいます。

f:id:murayama147:20200707183341j:plain

f:id:murayama147:20200707183500j:plain

f:id:murayama147:20200707183552j:plain

カッパと長靴を持参して雨の中で摘み取っていただきました。大パック2個が入る化粧箱にも詰めていただきました。仲良しで楽しい他の方々は顔出しNGでご主人様お一人でポーズをとっていただきました。これが目的でいらっしゃいました。この意気込みがすごいですね。残念な天候でしたが、満足してお帰りになりました。高速に乗る前に宅配便で箱はお送りされるそうです。お気を付けてお帰りくださいね。

f:id:murayama147:20200707183645j:plain

f:id:murayama147:20200707183737j:plain

f:id:murayama147:20200707183822j:plain

お母様と帰省した息子さんと親子で幸せな一時を当園で過ごしていただきました。入園するときに傘を持っていくか持っていかないかと迷っていたのですが、ちょうど雨が上がったときでした。二人とも明るく楽しく摘んでいただきました。帰りにはお父様が迎えに来て、ご家族で記念写真を撮らせていただきました。息子さんはお土産に持ち帰るそうです。ありがとうございました。

突風で壊れたパラソル 炭素循環農法

f:id:murayama147:20200706183806j:plain

f:id:murayama147:20200706184225j:plain

f:id:murayama147:20200706183914j:plain

f:id:murayama147:20200706184027j:plain

一日中、雨模様でした。摘み取りのお客さんがいない間に、先日の強い風で壊れたパラソルを直しました。強い風に気をつけなければと思っていたのですが、突風にやられて支柱が折れてしまいました。短管があったので両方に穴を空けてボルトで留めて固定しました。雨の中の作業でしたので、工具が濡れないようにするのが大変でした。これからは、風に気をつけなければ・・・。

f:id:murayama147:20200706183705j:plain

農法についてのご質問が多かったので

 畑の中を歩いているとキノコが生えていました。炭素循環農法で作っている畑ですのでこのようにキノコが出てきます。出てきたことは、糸じょう菌が活性化している証拠ですね。写真はないのですが粘菌も出てきています。これが出てくるとブルーベリーと共生関係にあるエリコイド菌根菌も活性化している証拠です。土壌が豊かな生態系になってきている証拠ですね。エリコイド菌根菌が活性化してくると肥料を必要としない栽培ができます。共生関係にあるエリコイド菌根菌がブルーベリーの根へ無機質等を、菌根菌へ糖などをやりとりしてお互いにウィンウィンの関係となっています。施肥など必要ないのです。最近の研究では菌根菌から必要とする8割が送られているとも言われています。肥料(化学肥料・有機肥料)で与えられたアンモニア態窒素、硝酸態窒素が根からブルーベリーへと吸収されると、とにかく味が良くないです。いわゆる「えぐみ」があります。理屈は省いて、このような理由から味にこだわった極上のブルーベリーは、肥料をやってはいけませんね。まだまだ奥が深く、途上です。更に追究していきたいですね。

極上のブルーベリーを栽培したいという思いから論文、書籍、経験から導いたことです。どこが違うのか是非、畑のブルーベリーの樹勢を見ていただき、摘んで味わっていただければ幸いです。

「食べるのがもったいないよ」

f:id:murayama147:20200705180701j:plain

f:id:murayama147:20200705180751j:plain

大きいブルーベリーを見つけたお子さんは「食べるのがもったいないよ」と言って見せてくれました。かごの中から大きな一粒をとりだしてくれました。ブルーベリーを大事に、採れた喜びが伝わってきました。こんなに大事に扱ってくれるお子さんに感謝です。

当園では、不良品<未熟果、鳥がかじった実など>は除いてパック詰めしてお持ち帰りいただきます。このお子さんの気持ちを大事にしたいですね。

f:id:murayama147:20200705180610j:plain

f:id:murayama147:20200705180523j:plain

「今年もお元気な姿をみせてくれましたね」「元気にやっていますね」と挨拶を交わしたご家族がブルーベリーを机いっぱいに摘んでいただきました。毎年来ていただいて農園を応援してくださっているご家族です。「これが楽しみで来ているんです」とおっしゃっていただきました。お元気な姿を今年も見せてくれてありがとうございました。

f:id:murayama147:20200705180842j:plain

f:id:murayama147:20200705180930j:plain

たくさんのお客さんの来園がありました。ありがとうございました。午前中はお子さんもたくさん来園して、今朝土の中から出てきたカブトムシが十数匹いたのですが、午前中の早いうちに全部お持ち帰りいただきました。以後、虫かごを持ったお子さんが来園されたのですが、カブトムシがいなくてごめんなさいね。これからはもっともっと発生しますので、問い合わせしてくださいね。

f:id:murayama147:20200705180205j:plain

f:id:murayama147:20200705180348j:plain

「ぎぁーーつめたい」初めての「足水」を体験したご家族でした。お子さんは、大喜びでした。暑いときは、足拭きタオルを持参してくださいね。つめたいですよ。

カブトムシが出てきました。

f:id:murayama147:20200704172501j:plain

f:id:murayama147:20200704172548j:plain

f:id:murayama147:20200704172639j:plain

f:id:murayama147:20200704172734j:plain

f:id:murayama147:20200704172828j:plain

f:id:murayama147:20200704173010j:plain

午前中の雨、風が強い中でしたがたくさんのお客さんが来園してくださいました。カブトムシがたくさん発生したので、お子さんが多かったのですが、カブトムシ1匹ずつお持ち帰りできました。よかったですね。

お友達やご家族の初夏の思い出となったことでしょう。あるお客さんは、お土産にしたいとたくさん摘んで行かれた方もいました。ありがとうございました。

 

<入園されたお子さんは、園内で見つけたカブトムシ1匹お持ち帰りできます。見つけられないとき、ショーケースの中にいれば、お持ち帰りできます。いないときは、ご容赦ください。>

カブトムシが出てきました

f:id:murayama147:20200703180854j:plain

f:id:murayama147:20200703180942j:plain

f:id:murayama147:20200703180546j:plain

f:id:murayama147:20200703180650j:plain

f:id:murayama147:20200703180743j:plain

待っていたカブトムシが出てきました。今日は8匹でした。例年より遅れています。ママさんと一緒に来園した男の子が恐る恐るで箱に入れて持ち帰りました。大事に育ててね。他のお客さんも何匹か持って行って、残りは3匹となりました。おそらく明日も何匹か出てくるかと思いますが、あたらないかも、たくさん出てきてお子さん達に喜んでもらえればいいな。出てこなければごめんなさいね。

f:id:murayama147:20200703181035j:plain

f:id:murayama147:20200703181126j:plain

ブルーゴールドの様子です。てっぺんの実が採られていますので、食べたお客さんは「ちょっと早い」と思ったことでしょう。この品種は色づいても糖がのるのに時間がかかるんですよ。色づいてから食べ頃になるのは、あと数日ですよ。品種によってこのような違いもあります。品種毎の大きさ、酸と糖のバランス、風味、食感がみんな違います。是非、農園で完熟のブルーベリーを口に入れて、その違いを確かめていただきたいな。

親子で楽しんでいただきました。

f:id:murayama147:20200702175056j:plain

f:id:murayama147:20200702175142j:plain

お嫁に行ったお嬢さんと親子で摘み取りに来てくれました。一番幸せな時間を当園で送っていただいたことに感謝です。お父さんは始終にこにことしていました。いつまでたってもお父さんですね。

f:id:murayama147:20200702175228j:plain

友達同士で来園してくださいました。摘み終わりパック詰めして一休み、「幸せの鐘」も鳴らしていただき当園の中で楽しんでいただきました。ブルーベリーを食べて免疫力アップ間違いありません。和気あいあいとしてお帰りになりました。

f:id:murayama147:20200702180238j:plain

f:id:murayama147:20200702180348j:plain

冷たい水道の水がおいしいですよ。当園の近くで地下水をくみ上げて水道として当園に来ています。「水」をテーマにして下手なイラストを描きました。水道蛇口の横に掲示しました。来園の折にご覧くださいね。

「幸せの鐘」を鳴らしました

f:id:murayama147:20200701192237j:plain

f:id:murayama147:20200701192036j:plain

f:id:murayama147:20200701192135j:plain

ご家族でブルーベリー狩りをされました。三世代で楽しそうに園内を回って摘んでいただきました。紐を引いて鐘の音が鳴ると、お嬢さんは大喜びでした。ご家族皆さんが更に幸せになれますよ。

f:id:murayama147:20200701192600j:plain

f:id:murayama147:20200701192652j:plain

f:id:murayama147:20200701192749j:plain

お子さん達が学校や園へ行っている間にお母さんと親子でいらっしゃいました。親子で楽しい一時を過ごしていただきました。カブトムシをお土産にしたかったようですが、まだ発生しなくて持って帰れませんでした。ごめんなさいね。

f:id:murayama147:20200701193210j:plain

f:id:murayama147:20200701193303j:plain

f:id:murayama147:20200701193350j:plain

今年も来ていただきました。風が強い中でしたが園内でお子さん達が元気いっぱいにブルーベリー摘みをしていました。みんなブルーベリーが大好きでした。

f:id:murayama147:20200701194708j:plain

f:id:murayama147:20200701195300j:plain

お客さんが素敵な保冷バックを持参しました。摘んだブルーベリーを入れてお帰りになりました。来園されるときは、保冷バックを用意されるといいですよ。保冷剤や氷などを入れておくといいですよ。

「ママのおなかの中にいるとき、来たことあるんだよ」

f:id:murayama147:20200630173101j:plain

f:id:murayama147:20200630173238j:plain

f:id:murayama147:20200630173329j:plain

f:id:murayama147:20200630173430j:plain

f:id:murayama147:20200630173521j:plain

f:id:murayama147:20200630173609j:plain

f:id:murayama147:20200630173654j:plain

こんなに大きくなりました。ママのおなかの中にいるときに、来たそうです。朗らかなおばあさんは、カッパを着てブルーベリー狩り。身重のママさんとお嬢さんは小屋の中で留守番。ブルーベリーをいっぱい摘んできたおばあさんを見て、大喜びしていました。

のぼりをぶらさげていた鷹が、壊れてしまいました。直してまた働いてもらいます。

夕方、いつものブルーベリーが大好きの常連さんがカッパを着て摘んでいきました。慣れた方で30分ほどでかごいっぱい摘んできました。大パック9個と中パック1個になりました。親戚の方々へ送るそうです。

いっぱい色づいてきました。たくさん摘み取りもできますので、お越しをお待ちしています。