安曇野の丘 村山ブルーベリー園 ひまわり迷路がある自然農園

信州安曇野にある、自然の仕組みを活かした摘み取り専門観光農園です。化学合成農薬不使用・無施肥に徹し、自然栽培と品質にこだわって栽培しています。時間無制限・食べ放題で透明感のある酸と糖のバランスある自然な味が楽しめます。農園内で自然発生したカブトムシが捕れ、ご家族で楽しめる自然栽培農園です。   長野県安曇野市穂高有明7657ー1   ℡090-8326-2128  googlemap「安曇野の丘」

水が美味しい

お持ち帰りのパック制限をしています。

お持ち帰りを希望する方は

お一人小1パック(別料金300円、約120~180g)とします。

たくさんのお客さんの来園、ありがとうございます。

最盛期のように好きなだけ採ってたくさんのお持ち帰りができません。ジャム作りでたくさん摘んでいきたいという方は、お断りしています。たくさんの摘み取りをご希望の方は、他の農園を勧めます。

 

ラビットアイ系が色づいて最盛期に入っていますが、北部ハイブッシュ系が終盤となり、採れる実が減ってきました。そこでお持ち帰りパックの制限をしています。ご理解を賜りたくお願いします。

BBを食べたり、『ひまわり迷路』をしたり、『小さなお家』で遊んだり、『足水』で涼んだり、安曇野の自然と楽しんだりして安曇野の夏を楽しみたい方、お待ちしております。

 

<水が美味しい>

f:id:murayama147:20210805174938j:plain

f:id:murayama147:20210805174948j:plain

水道の水ですが、とても美味しいです。扇状地の地下深くの伏流水をくみ上げて水道に引いています。冷たくて軟水の美味しい水で『安曇野の水』です。BB園から戻ったお客さんへ、この美味しい水を勧めています。

f:id:murayama147:20210805175345j:plain

水道の蛇口の横に、こんなイラストが掲示してあります。北アルプスに降り積もった雪が溶けて、安曇野を潤しています。北アルプスの恵みを受けています。水道の水は伏流水の地下水です。

f:id:murayama147:20210805175719j:plain

f:id:murayama147:20210805175728j:plain

f:id:murayama147:20210805175739j:plain

北アルプスの雪解け水は梓川となって用水路に取り入れられて、当園まで流れてきています。『足水』はこの冷たい水を使っています。そして当園のポット栽培の水はポンプで配管を流れ小さな穴からポットへと流れています。これも雪解け水の恵みですね。

 

<お客さん百景>

f:id:murayama147:20210805180139j:plain

f:id:murayama147:20210805180149j:plain

f:id:murayama147:20210805180158j:plain

f:id:murayama147:20210805180208j:plain

f:id:murayama147:20210805180216j:plain

f:id:murayama147:20210805180226j:plain

f:id:murayama147:20210805180238j:plain

f:id:murayama147:20210805180247j:plain

f:id:murayama147:20210805180255j:plain

f:id:murayama147:20210805180309j:plain

ワンコちゃんも大喜び。抱っこが大好きで、ご主人様に抱かれてBB園の中へ入っていきました。ワンコちゃんのBB摘みでした。

たいへん暑い中でしたが、たくさんのご家族の皆様に来園いただきました。ありがとうございました。テラスでBBから流れてくる風を受けると気持ちいいですね。またのお越しをお待ちしております。安曇野の楽しい思い出となったことでしょう。

 

<松本からの朝の北アルプス

f:id:murayama147:20210805181935j:plain

f:id:murayama147:20210805181943j:plain

朝の北アルプス、雲一つなく、真夏の北アルプスです。今日も暑くなりそうですね。

 


<虹>

f:id:murayama147:20210805181021j:plain

f:id:murayama147:20210805181033j:plain

写真では分かりにくいのですが、松本方面に大きな虹が架かりました。

明日に向かって希望を持とうよ。必ず良い日は来ますね。今日より明日、明日より明後日、毎日の小さな積み重ねが希望に近づきますね。

糸状菌を運んでいます

お持ち帰りのパック制限をしています。

お持ち帰りを希望する方は

お一人小1パック(別料金300円、約120~180g)とします。

たくさんのお客さんの来園、ありがとうございます。

最盛期のように好きなだけ採ってたくさんのお持ち帰りができません。今日もジャム作りでたくさん摘んでいきたいという方が何人も来園していただいたのですが、お断りしました。たくさんの摘み取りをご希望の方は、他の農園を勧めます。

 

ラビットアイ系が色づいてきていますが、北部ハイブッシュ系が終盤となり、採れる実が減ってきました。そこでお持ち帰りパックの制限をしています。ご理解を賜りたくお願いします。

BBを食べたり、『ひまわり迷路』をしたり、『小さなお家』で遊んだり、『足水』で涼んだり、安曇野の自然と楽しんだりして安曇野の夏を楽しみたい方、お待ちしております。

 

糸状菌を運んでいます>

f:id:murayama147:20210804205528j:plain

f:id:murayama147:20210804205534j:plain

f:id:murayama147:20210804205541j:plain

f:id:murayama147:20210804205558j:plain

安曇野市内にある食品会社『ポテト デリカ』さんから糸状菌をいただいてきました。食品加工会社ですので、野菜の芯や皮などが大量に廃棄されます。今まではエネルギーを加えて廃棄していました。そこで循環社会を目指して、野菜の芯や皮などを微生物に食べさせて分解させ農業に活かすというプロジェクトに参加しました。この好気性の微生物が糸状菌の仲間です。

BBの共生菌は糸状菌の仲間です。ひまわりの育ちにも好成績を期待して取り組んでいます。

f:id:murayama147:20210804211319j:plain

f:id:murayama147:20210804211330j:plain

f:id:murayama147:20210804211539j:plain

f:id:murayama147:20210804211349j:plain

来年、ひまわりを作ろうとしている畑へ糸状菌を入れて土作りをしています。営業が終わったらBB畑へも入れて様子をみたいですね。

 

<栽培仲間>

f:id:murayama147:20210804211715j:plain

f:id:murayama147:20210804211741j:plain

栽培仲間が集まりました。

和歌山県でBB園を経営している方、安曇野のBB栽培仲間と談義。BBについての情報交換をしました。BBは奥が深いですね。

 

<ワンコちゃんのBB狩り>

f:id:murayama147:20210804212020j:plain

f:id:murayama147:20210804212030j:plain

看板犬タロウより顔が白いですね。女の子でお上品、水も大好きだそうです。当園の看板犬タロウは寝ててワンとも吠えません。寝てて分からなかったのですね。

安曇野の夏

お持ち帰りのパック制限をしています。

お持ち帰りを希望する方は

お一人小1パック(別料金300円、約120~180g)とします。

たくさんのお客さんの来園、ありがとうございます。

ラビットアイ系が色づいてきていますが、北部ハイブッシュ系が終盤となり、採れる実が減ってきました。そこでお持ち帰りパックの制限をしています。ご理解を賜りたくお願いします。

 

『ひまわり迷路』をしたり、『小さなお家』で遊んだり、『足水』で涼んだり、カブトムシやカミキリムシなどの虫探しをしたりして安曇野の夏を楽しんでいただけると思います。お待ちしております。

 

安曇野の夏>

f:id:murayama147:20210803185721j:plain

f:id:murayama147:20210803185808j:plain

f:id:murayama147:20210803185818j:plain

f:id:murayama147:20210803185842j:plain

f:id:murayama147:20210803185853j:plain

f:id:murayama147:20210803185916j:plain

f:id:murayama147:20210803185926j:plain

f:id:murayama147:20210803185936j:plain

f:id:murayama147:20210803185947j:plain

f:id:murayama147:20210803190154j:plain

f:id:murayama147:20210803190205j:plain

f:id:murayama147:20210803190219j:plain

f:id:murayama147:20210803190230j:plain

f:id:murayama147:20210803190243j:plain

安曇野の夏は、日中は乾燥した暑さです。

お日様が出ていると日差しが強いのですが、テラスの日陰に入りBB園からの風は気持ちよいです。これが安曇野の夏ですね。

夏のひとときを当園をご利用くださり、ありがとうございます。夏の思い出の1ページを作ってくださいね。

 

<ネット外し>

f:id:murayama147:20210803191850j:plain

f:id:murayama147:20210803191901j:plain

f:id:murayama147:20210803191916j:plain

ネットを外し始めました。

昨年よりも10日ほど早く外すことにしました。

今年はカブトムシの出が少なかったのは、ネットを外すのが遅かったので、メスが卵を産めなかったと考えて、ネットを外します。

メスさん、卵を産んでね。

撮影ポイント!?

お持ち帰りのパック制限をしています。

お持ち帰りパックを希望する方は

お一人小1パック(別料金300円、約120~180g)とします。

たくさんのお客さんの来園、ありがとうございます。

ラビットアイ系が色づいてきていますが、北部ハイブッシュ系が終盤となり、採れる実が減ってきました。そこでお持ち帰りパックの制限をしています。ご理解を賜りたくお願いします。

 

『ひまわり迷路』をしたり、『小さなお家』で遊んだり、『足水』で涼んだり、カブトムシやカミキリムシなどの虫探しをしたりして安曇野の夏を楽しんでいただけると思います。お待ちしております。

<撮影ポイント>

f:id:murayama147:20210802193353j:plain

f:id:murayama147:20210802193400j:plain

絶好の撮影ポイント!?

ここがいいと思ったのですが、お子さんの顔が出ていませんでした。やっとパパさんだけがひまわりの上に出てきました。

作ったときには、こんなに大きくなるとは思わず、1m20~30㎝程度の予定でした。今は高い所で、2mを越えてしまいました。来年に向けて、アイデアを考えないといけませんね。

 

<植物の成長>

f:id:murayama147:20210802193911j:plain

二期桜、大きく伸びてきました。おそばやさんの浅川さんの思いから大事に育てています。この安曇野を元気にしたいという思いが大きく伸びてきています。

f:id:murayama147:20210802194120j:plain

インパチェンス、頂き物ですが大きくなりました。地面が見えないほど茂ってきました。

f:id:murayama147:20210802194255j:plain

f:id:murayama147:20210802194305j:plain

f:id:murayama147:20210802194315j:plain

アイビーの新芽が良い感じです。ときどき私の知らないうちに相方がひどい切り方をして先を枯らしてしまうことがあります。あちらこちらで枯れています。

f:id:murayama147:20210802195245j:plain

当園の入り口の横にブライトウェルが植えてあります。ラビットアイ系ですので直ぐに大きくなりますね。この新芽がいいですね。

植物の成長していく様子を見るのが大好きです。直ぐには変化はありませんが、徐々に変わっていく様が好きですね。

 

<赤ちゃん百景>

f:id:murayama147:20210802195732j:plain

f:id:murayama147:20210802195740j:plain

たくさんの赤ちゃんのお客さんが来園してくれます。赤ちゃん、かわいいですね。この子たちが大きくなる頃、もっともっと住みやすい世にしていきたいですね。

ひまわりが下を向いてきたよ

お持ち帰りのパック制限をしています。

お持ち帰りパックを希望する方は

お一人小1パック(別料金300円、約120~180g)とします。

たくさんのお客さんの来園、ありがとうございます。

ラビットアイ系が色づいてきていますが、北部ハイブッシュ系が終盤となり、採れる実が減ってきました。そこでお持ち帰りパックの制限をしています。ご理解を賜りたくお願いします。

 

『ひまわり迷路』をしたり、『小さなお家』で遊んだり、『足水』で涼んだり、カブトムシやカミキリムシなどの虫探しをしたりして安曇野の夏を楽しんでいただけると思います。お待ちしております。

 

<ひまわりが下を向いてきたよ>

f:id:murayama147:20210801202446j:plain

f:id:murayama147:20210801202452j:plain

f:id:murayama147:20210801202500j:plain

f:id:murayama147:20210801202507j:plain

あれれれ、ひまわりの花が下を向いてきました。

昨日は横を向いていた花が、今日、花が下を向き始めました。どうしてだろうね。不思議ですね。

そこで花の表側に何か変化があるのでしょうか。

f:id:murayama147:20210801203311j:plain

f:id:murayama147:20210801203317j:plain

f:id:murayama147:20210801203325j:plain

下を向き始めた花を見ると受粉が円の外側から始まって、徐々に中央へ進んでいます。受粉が終わると子房が充実して重さが増します。そこで重くなり垂れてきたと思います。BBも剪定したときは上向きだったのが、実が充実してくると垂れて、ときには地面に着きそうになることと同じですね。

と考えました。この考えはどうでしょうか。

 

<今年もカブトムシを捕ってきたよ>

f:id:murayama147:20210801204501j:plain

すごいですね。なかなか見つからない中、見事に見つけてきました。

昨年も見つけて、今年も見つけてすごいです。生態を知っているのですね。カブトムシの博士です。

 

<ケースの中にカブトムシをいたよ>

f:id:murayama147:20210801205449j:plain

f:id:murayama147:20210801205456j:plain

当園の飼育ケースの中にメスがいました。探し出して持ち帰ることにしました。大事に飼って下さいね。

 

<ワンコちゃんのBB狩り>

f:id:murayama147:20210801204832j:plain

男の人を見ると吠えることが多いと言われて、やっぱりカメラを向けて近づくと吠えられました。夏スタイルにトリミングして涼しそうでした。

 

<雷様に弱い看板犬タロウ>

f:id:murayama147:20210801205145j:plain

夕方、今日も雷様がなり出しました。看板犬タロウはゼーゼー、バクバク、ブルブル‥もう怖くて後をついて回ります。受付まで出てきて、最後は膝の上に乗り抱っこでした。

ひまわりは夕立が大好き!

お持ち帰りのパック制限をしています。

お持ち帰りパックを希望する方は

お一人小1パック(別料金300円、約120~180g)とします。

北部ハイブッシュ系が終盤となり、採れる実が減ってきました。そこでお持ち帰りパックの制限をしています。ご理解を賜りたくお願いします。

 

『ひまわり迷路』をしたり、『小さなお家』で遊んだり、『足水』で涼んだり、カブトムシやカミキリムシなどの虫探しをしたりして安曇野の夏を楽しんでいただけると思います。お待ちしております。

 

f:id:murayama147:20210731192334j:plain

f:id:murayama147:20210731192341j:plain

f:id:murayama147:20210731192348j:plain

昨日の夕立は、すごかったです。一瞬でしたが前が見えないほどの雨降りでした。

今日のひまわりは元気いっぱい。日照り続きで下葉が枯れてくるひまわりが出てくるほどでしたが、昨日の夕立で葉の先までピーンと張って、元気いっぱい。夕立が大好き!

葉にはひまわりの花から落ちた花粉が黄色く着いています。写真にはうまく写っていませんが、ミツバチさんがいっぱい来ています。迷路をしているとミツバチが気になる方もいらっしゃると思いますが、何もしなければ怒りませんのでそうと通り過ぎて下さいね。

 

<ペットボトルで入れ物を作ってきました>

f:id:murayama147:20210731193207j:plain

f:id:murayama147:20210731193213j:plain

f:id:murayama147:20210731193223j:plain

f:id:murayama147:20210731193229j:plain

お子さんがペットボトルの入れ物をぶら下げて入園して下さいました。ママさんのアイデアでお子さんに持たせて、摘み取っていく作戦ですね。

ペットボトルを切ってフライパンを熱して切り口を危なくないように曲げてありました。お子さんが小道具を持って入園すると目的意識がはっきりして、何をするのか明確になりますね。お子さんの心が動きますね。当園もお子さん達へ子ども用の小さなかごを渡すのもそんな理由です。

ママさんのお子さんへ寄せる思い、BBの摘み取りへの思いを感じました。ありがとうございました。

 

<パパさんお一人で3匹もみつけました>

f:id:murayama147:20210731194251j:plain

f:id:murayama147:20210731194300j:plain

このごろではほとんど見つけることができないカブトムシ、パパさんがちょっとBB園内を歩いて、1匹を見つけました。大喜びのお子さん達。私もドシャリ!

あれれ、次から、次へとカブトムシを見つけて、計3匹も見つけました。すごい!

 

<大人気の『ひまわり迷路』>

f:id:murayama147:20210731194708j:plain

f:id:murayama147:20210731194716j:plain

f:id:murayama147:20210731194732j:plain

『ひまわり迷路』が大人気です。迷路だけのお客さんもいます。

親子で同じ場で同じ活動をして同じ思いになるなんて素敵なことです。パパさんに肩車をしてもらってよかったね。楽しい夏の思い出となったことでしょう。

 

<入園券で入園>

f:id:murayama147:20210731195519j:plain

フリーのKidsDo松本のプレゼント券で入園してくれました。

フリーの教育雑誌で趣旨に賛同し、プレゼント券を5枚提供しました。広告までの財力はありませんのでプレゼント券を提供しました。内容が充実していますので、目にとまったら手に取ってくださいね。

残り4枚の券がありますので、閉園前にお越し下さいね。

 

<松本ハイランドのスイカ

f:id:murayama147:20210731200534j:plain

技ありですね。素人でも実ができますが、美味しいスイカを作るには技が必要ですね。このシャリシャリ感のスイカは、そう簡単にはできません。

子どものころ、父が作っていたのを覚えています。受粉後45日目、摘芯、摘果、‥‥そこには技が必要です。奥が深いですね。手に入ったので、味見が楽しみ。

BB百景<7月30日(金)p.m.4:45>

お持ち帰りのパック制限をしています。

お持ち帰りパックを希望する方は

お一人小1パック(別料金300円、約120~180g)とします。

北部ハイブッシュ系が終盤となり、採れる実が減っきました。そこでお持ち帰りパックの制限をしています。ご理解を賜りたくお願いします。

 

『ひまわり迷路』をしたり、『小さなお家』で遊んだり、『足水』で涼んだり、カブトムシやカミキリムシなどの虫探しをしたりして安曇野の夏を楽しんでいただけると思います。お待ちしております。

 

<BB百景 7月30日(金)p.m.4:45>

f:id:murayama147:20210730190018j:plain

f:id:murayama147:20210730190035j:plain

f:id:murayama147:20210730190049j:plain

f:id:murayama147:20210730190057j:plain

f:id:murayama147:20210730190103j:plain

f:id:murayama147:20210730190109j:plain

f:id:murayama147:20210730190121j:plain

f:id:murayama147:20210730190133j:plain

f:id:murayama147:20210730190144j:plain

f:id:murayama147:20210730190154j:plain

f:id:murayama147:20210730201457j:plain

p.m.4:45、ラビットアイ系の第6、7農園の様子です。お客さんもいました。

写真を撮ってしばらくすると、雨がパラパラ、次にはドシャンと夕立になりました。大急ぎで休憩所へ戻ったところです。

今は、北部ハイブッシュで残っているBBが多くあり、ラビットアイ系が色づいて熟してきました。当園の今は、収穫量は少ないのですが、食味できるBBの品種数が一番多い時期です。ハイブッシュ系とラビットアイ系の食味の違いを楽しんでいただければ幸いです。

f:id:murayama147:20210730190803j:plain

f:id:murayama147:20210730190809j:plain

昨日のお客さんに

「どちらが好きですか」と聞くと

「あっち」「こっち」と分かれました。ひとそれぞれですね。

品種の違いにより食味が違うことを確かめていただきたく農園を作りました。BBにはいろいろな系統があり、更に品種があることをご自身の食味で確かめていただければ幸いです。

 

 

 

<ひまわり迷路>

f:id:murayama147:20210730194806j:plain

f:id:murayama147:20210730194812j:plain

f:id:murayama147:20210730194820j:plain

大人気の『ひまわり迷路』、朝と夕方では、花の色が違います。私は、朝の方が好きです。東を向いていますので、お日様の光を受けて黄色に光っています。夕方は、裏からお日様の光を通して透けた黄色のようです。(写真は夕方)

今日でちょうど播種から60日目、品種説明の通りでした。満開です。

 

<足水>

f:id:murayama147:20210730195258j:plain

f:id:murayama147:20210730195305j:plain

上高地を流れている雪解け水が用水路として、ここへ引かれています。足を入れると冷たくて気持ちいいですよ。来園の折は、楽しんでね。

 

<小さなお家>

f:id:murayama147:20210730195532j:plain

小さなお家で兄弟が仲良く遊んでいました。鐘もついていますので、鳴らしてね。

 

<住職さん ありがとうございました>

f:id:murayama147:20210730195701j:plain

f:id:murayama147:20210730195710j:plain

清原寺の住職さんが、草刈り機を見せに来ました。バッテリー草刈り機でナイロン紐で切るタイプです。持った感じもいいですね。最新の機具を手に入れると見せてくれて、情報をいただいています。煙突掃除の安全ベルトも見せてくれました。ありがとうございました。

 

<モアがホースを巻き込む>

f:id:murayama147:20210730194231j:plain

f:id:murayama147:20210730194240j:plain

f:id:murayama147:20210730194248j:plain

f:id:murayama147:20210730194254j:plain

モアで草刈りを終え、一休みしようと休憩所へきたとき、バクバクと奇矯な音。回転刃が回っていたままホースの上を通ったので、巻き込んでしまいました。ホースはダメになるし、取り外すのに時間がかかるし、暑い中で下に潜り込んで切るのが大変でした。大失敗でした。

アクティビティ BB農園『右? 左?』

お持ち帰りのパック制限をしています。

お持ち帰りパックを希望する方は

お一人小1パック(別料金300円、約120~180g)とします。

たくさんの方々の来園で採れる実が減っきました。そこでお持ち帰りパックの制限をしています。ご理解を賜りたくお願いします。

 

『ひまわり迷路』をしたり、『小さなお家』で遊んだり、『足水』で涼んだり、カブトムシやカミキリムシなどの虫探しをしたりして安曇野の夏を楽しんでいただけると思います。お待ちしております。

 

<アクティビティ BB農園『右? 左?』>

『ひまわり迷路』 入場料

BB狩りで入園した方 ‥‥ 無料

ひまわり迷路のみの方 ‥‥ 小学生以上・300円、乳幼児・無料

f:id:murayama147:20210729172450j:plain

『ひまわり迷路』の中には、こんな分かれ道があります。どちらを選びますか。

f:id:murayama147:20210729172732j:plain

f:id:murayama147:20210729172738j:plain

f:id:murayama147:20210729172744j:plain

f:id:murayama147:20210729172802j:plain

f:id:murayama147:20210729172814j:plain

迷路の道は、こんなに葉に覆われているところがありますよ。お子さんはこの葉の下を通れるのですが、大人はかけ分けて通ってくださいね。

f:id:murayama147:20210729173039j:plain

f:id:murayama147:20210729173052j:plain

f:id:murayama147:20210729173100j:plain

f:id:murayama147:20210729173107j:plain

通路の上はひまわりが満開となっています。所によって大人の背丈より高い位置で咲いています。ひまわりの圧に負けないでね。

f:id:murayama147:20210729173249j:plain

f:id:murayama147:20210729173259j:plain

ママさんと息子さんが迷路に挑戦。

「簡単!」

息子さんは、済ました顔で言っていました。

 

f:id:murayama147:20210729173502j:plain

迷路の中にいらっしゃるお客さんをドシャリ。

「迷路にもっといたかったです」と、出てきたお客さんはおっしゃっていました。

 

BB農園でアクティビティな遊びができないかと考えて、今年初めての取り組みです。

たくさんのお客さんに楽しんでいただきありがたいですね。

 

f:id:murayama147:20210729173849j:plain

f:id:murayama147:20210729173855j:plain

『ひまわり迷路』の下の畑の草刈りをしました。

『ひまわり迷路』が好評でしたので、この畑に来年はひまわりを育てたいと考えています。少しずつ土作りをしています。良い土にすると元気一杯のひまわりが育ちます。当園の土の作り方はまたの機会にします。

おじさん かなしそう!

お持ち帰りのパック制限をしています。

お持ち帰りパックを希望する方は、

お一人小1パック(別料金300円、約120~130g)とします。

4連休でたくさんの方々の来園で採れる実が減っきました。そこでお持ち帰りのパック制限をします。園内で食べる量は充分ありますので、ご理解を賜りたくお願いします。

 

<おじさん かなしそう!>

f:id:murayama147:20210728180310j:plain

f:id:murayama147:20210728180320j:plain

ご家族のお客さんが何組も入園して下さいました。

虫かごやケースを抱えて入園するお子さんが何組もいました。昨年のカブトムシの数を知っている方は、残念がりました。

その度に

「今年はカブトムシの出が悪いのです。今日は2匹捕まえてお帰りになったお客さんがいました。残念ですがほとんど捕れないと思います‥‥。」

テラス席で涼みながら、それを見ていたお嬢さん、お絵かきおもちゃに絵を描いて見せてくれました。

「おじさん、かなしそう! 上にカブトムシがいて、おじさんが涙を流しているの」

優しい気持ちのお子さん達でした。

 

昨日、コロナワクチンの2回目を打ちました。今日は腕が痛いし、頭がもうろうとして体がだるくて、これにてEndとします。

恵みの雨

お持ち帰りのパック制限をしています。

お持ち帰りパックを希望する方は、

お一人小1パック(別料金300円、約120~130g)とします。

4連休でたくさんの方々の来園で採れる実が減っきました。そこでお持ち帰りのパック制限をします。園内で食べる量は充分ありますので、ご理解を賜りたくお願いします。

 

『ひまわり迷路』をしたり、『小さなお家』で遊んだり、『足水』で涼んだり、カブトムシやカミキリムシなどの虫探しをしたりして安曇野の夏を楽しんでいただけると思います。お待ちしております。

 

<恵みの雨>

f:id:murayama147:20210727202358j:plain

BBの葉に久しぶりに雨粒がついて輝いていました。地植えのBBは、梅雨明けの渇水期の雨が少なくても強いのですが、アジサイやひまわりは雨が欲しがっていました。

f:id:murayama147:20210727203623j:plain

雨を受けて大喜びのアジサイ。冬に落ち葉をタップリ入れたので、萎れることはないのですが、元気がありませんでした。雨を受けて葉の先がピーンと張っていました。

f:id:murayama147:20210727204405j:plain

f:id:murayama147:20210727204412j:plain

f:id:murayama147:20210727204420j:plain

東側を揃って向いているひまわりです。花と上の方の葉は変わらないのですが、場所によって下の葉が枯れています。

f:id:murayama147:20210727204633j:plain

f:id:murayama147:20210727204649j:plain

場所によって下の葉の枯れ具合に違いがあります。下の写真は下葉が枯れています。久々の雨で大喜びです。

<来年の栽培に向けて考察>

・無農薬、無施肥栽培に徹しています。廃菌床の糸状菌に頼った栽培方法です。いわゆるエンドファイトで育てています。廃菌床を手で撒いたのですが、ムラがあって撒かれなかった所だと思います。根が活性化せずに水を十分に吸えずに枯れてきたと思います。

・廃菌床が適切なところは下葉まで生き生きしていることから、丁寧に撒くことが大事だと考えました。

f:id:murayama147:20210727205613j:plain

f:id:murayama147:20210727205619j:plain

f:id:murayama147:20210727205628j:plain

f:id:murayama147:20210727205634j:plain

村中のツバメが当園の電線に集まってきたかのように100匹ほどいました。先日は家族だけでしたが、今日は群が大きくなっています。雨の中でツバメが並んで羽繕いをしていました。雨の中で大喜びで水浴びをしているように見えました。

今年生まれた新人もしっかりと栄養をとって、初の海原を飛んでいきます。体力をつけてくださいね。

 

f:id:murayama147:20210727211048j:plain

f:id:murayama147:20210727211103j:plain

ラビットアイ系のBBも雨を受けて大喜び。新しい芽が伸び出してきました。新しい芽も大喜びですね。

お持ち帰りパック数の制限

明日の7月27日(火)より

お持ち帰りパックを希望する方は

お一人小1パック(別料金300円、約120~130g)とします。

4連休でたくさんの方々の来園で採れる実が減っきました。そこでお持ち帰りパックの制限します。ご理解を賜りたくお願いします。

 

『ひまわり迷路』をしたり、『小さなお家』で遊んだり、『足水』で涼んだり、カブトムシやカミキリムシなどの虫探しをしたりして安曇野の夏を楽しんでいただけると思います。お待ちしております。

 

<自転車で来園>

f:id:murayama147:20210726192125j:plain

f:id:murayama147:20210726192131j:plain

近くのホテルより自転車で来園してくださいました。お兄さんは自分で、パパさんの後ろにお一人、ママさんの後ろにお一人、ご家族みんなで自転車に乗ってお帰りになりました。安曇野の夏を風を切って楽しんでいただきました。

 

<ひまわり迷路>

f:id:murayama147:20210726192554j:plain

f:id:murayama147:20210726192605j:plain

ひまわりが次々に開花しています。半分ほど開いたかな。『ひまわり迷路』は大人気となっています。

「よくこんなに作ったね」「楽しかったよ、すごい」とお褒めの言葉がうれしいです。

「どうだった?」と聞くと

「かんたん! かんたん!」笑顔一杯にして答えてくれた小学生、4回もやって汗びっしょり。

 

<記念撮影>

f:id:murayama147:20210726194624j:plain

f:id:murayama147:20210726194634j:plain

当園の撮影スポットは『カエルちゃん』前かな、看板前もいいかな、『小さなお家』『幸せの鐘』いろんなところがありますよ。一番はBB畑ですね。

 

安曇野のわさび畑>

f:id:murayama147:20210726193030j:plain

f:id:murayama147:20210726193043j:plain

f:id:murayama147:20210726193602j:plain

f:id:murayama147:20210726193551j:plain

f:id:murayama147:20210726193602j:plain

f:id:murayama147:20210726193612j:plain

f:id:murayama147:20210726193103j:plain

f:id:murayama147:20210726193109j:plain

f:id:murayama147:20210726193116j:plain

友達のわさび畑へ行っておしゃべりしてきました。仕事の最中でしたが、お茶タイムとなってバカ笑いのおしゃべりでした。重機で掘り起こし荒れた畑を見事な畑に作り、彼のエネルギーを見習いたいです。最新の栽培方法で挑戦中、研究熱心です。

安曇野北アルプス扇状地にあります。当園は扇状地の上で北アルプスの縁ですが、彼のわさび田は6㎞東にある扇状地の末端で伏流水が湧き出ているところです。わさび田を流れる水は、全て湧き水です。冷たいですよ。これがわさびを育てています。

ひまわりは東を向いて咲くよ

f:id:murayama147:20210725191003j:plain

f:id:murayama147:20210725191010j:plain

f:id:murayama147:20210725191017j:plain

ひまわりが次々に開花しています。みんな東を向いて咲いていました。それでも夕方になったら西を向くかと思ったのですが、東向きでした。光を受けるセンサーがあって成長と共に東を向くことが分かりました。不思議ですね。夏休みの一研究でした。

<北から撮影>

f:id:murayama147:20210725191636j:plain

f:id:murayama147:20210725191648j:plain

左側、東を向いて咲いていました。

<西側から撮影>

f:id:murayama147:20210725191740j:plain

f:id:murayama147:20210725191746j:plain

花の後ろ側を見せています。みんな東を向いていました。

撮影した頃、お客さんが迷路に入って楽しんでいました。どこにいるのか分かりませんでした。

f:id:murayama147:20210725191954j:plain

f:id:murayama147:20210725192014j:plain

f:id:murayama147:20210725192038j:plain

たくさんの方々が迷路を楽しんでくださり、ありがとうございました。ひまわりは、このごろの日照りで雨が欲しそうです。雨が降らないかなあ。

 

<お客さん百景>

f:id:murayama147:20210725192250j:plain

f:id:murayama147:20210725192302j:plain

Kidsコーナーでパパさんが絵本を読み聞かせている姿がありました。パパさんが頑張っていました。パパさんが時間差で、お二人もいました。子育てを頑張っているパパさんでした。

Kidsコーナーのおもちゃや絵本はみんな教え子や友達が使わなくなった物を持ってきたものです。絵本は音が出たり動いたりする物もあり、今年いただいた物です。使っていただいたこと、持ってきてくれたことに感謝です。

f:id:murayama147:20210725194344j:plain

f:id:murayama147:20210725194354j:plain

f:id:murayama147:20210725194402j:plain

来園するなり

「カブトムシがいないね。去年はウジャウジャいたのに、ぜんぜんいないね」

「そうなんです。今年は少なくて‥‥」

今年も来園してくれたお客さんの言葉でした。

BB畑で意地で?、底力で?‥ とにかくすごい迫力で2匹も見つけてきました。パパさんのお子さんを思う気持ちがそうさせたのですね。息子さん達は大喜びで飼育ケースを抱えて帰りました。

 

f:id:murayama147:20210725194054j:plain

f:id:murayama147:20210725194102j:plain

趣味のコチョウラン2本を入り口に飾りました。お客さんを迎える気持ちとなったかな。

ゆったりとコーヒーを楽しむ

f:id:murayama147:20210724191859j:plain

夕暮れとき、お日様が陰り農園が涼しい時間となってきました。安曇野の夕暮れとともに涼しくなってきます。

ご家族で賑やかだったBB園が、閉園間際、静かになったテラス席でお客さんがゆったりとコーヒーを楽しんでいました。ゆったりと流れる時間を楽しんでいるかのように、あまりにも美味しそうに飲んでいましたので、OKをいただきドシャリ。こんな時間を送っていただいたことに感謝。

 

<お客さん百景>

f:id:murayama147:20210724193013j:plain

f:id:murayama147:20210724193020j:plain

f:id:murayama147:20210724193026j:plain

f:id:murayama147:20210724193032j:plain

第7農園の摘み取りをしているお客さんをドシャリ! 昨年は『足水』で楽しんでいるときの写真をアップして、今年は摘み取りをアップさせていただきました。今年も楽しんでいただいたことに感謝です。

f:id:murayama147:20210724193542j:plain

f:id:murayama147:20210724193549j:plain

今日、7、8匹目のカブトムシです。例年ですと欲しいお子さんにはみんな1匹ずつ持ち帰ることができたのに、今年は本当に少ないです。欲しかったお子さん達、ごめんなさいね。

f:id:murayama147:20210724194007j:plain

ご家族がBB畑からもどってくるのを待っていました。他のご家族が楽しそうにBBを探している姿を思い描いていたのでしょう。しばらくするとみんな揃って楽しそうでした。

f:id:murayama147:20210724194552j:plain

f:id:murayama147:20210724194602j:plain

ご家族でドシャリ! パパさんと息子さんは『ひまわり迷路』を楽しんでいただきました。夏のご家族の一時、当園をご利用してくださり、ありがとうございました。

 

<ちょっと趣味の世界を>

f:id:murayama147:20210724194911j:plain

f:id:murayama147:20210724194916j:plain

f:id:murayama147:20210724194922j:plain

コチョウランの花が次々に咲いています。BBと同じ菌根菌直物ですので、肥料は全く与えていません。雨水と水やりだけでこんなに成長していることが、本当に不思議です。花茎の途中から葉芽が出て根が伸びてきました。直角に根が伸びてきて元気ですね。花を咲かせるように育てたいですね。

ひまわり 黄色い花びらが

f:id:murayama147:20210723190401j:plain

夕方、『ひまわり迷路』の中で黄色い花びらが一際輝いていました。一輪だけ花びらが見えました。嬉しくなってドシャリ! 今にも開き出しそうなつぼみがいくつもありました。

f:id:murayama147:20210723191220j:plain

f:id:murayama147:20210723191225j:plain

今日、日中のつぼみの付き方です。頭が垂れて同じ方角を向いていました。

f:id:murayama147:20210723190854j:plain

f:id:murayama147:20210723190901j:plain

f:id:murayama147:20210723190907j:plain

f:id:murayama147:20210723190912j:plain夕方になるとつぼみが大きくなって、同じ方角を向いてきました。花の咲き方、花の向きが見えてきたように思います。花の向きと関係があるのでしょうね。どの方角なのか太陽を追って動くのでしょうか。楽しみですね。

 

<お客さん百景>

f:id:murayama147:20210723191828j:plain

f:id:murayama147:20210723191837j:plain

f:id:murayama147:20210723191845j:plain

f:id:murayama147:20210723191858j:plain

f:id:murayama147:20210723191905j:plain

f:id:murayama147:20210723191914j:plain

f:id:murayama147:20210723191920j:plain

f:id:murayama147:20210723191933j:plain

f:id:murayama147:20210723191940j:plain

f:id:murayama147:20210723191946j:plain

f:id:murayama147:20210723191953j:plain

f:id:murayama147:20210723192057j:plain

たくさんの方々の来園、ありがとうございました。

当園の夢は下のイラストにあります。

f:id:murayama147:20210723192147j:plain

イラストレーターの栗谷さと子さんに描いてもらいました。テラスの壁に貼ってありますのでご覧下さい。BBを食べて、BBに囲まれて幸せになるという思いです。当園で、笑顔いっぱいのお子さん達をみたいと思っています。今日はそんなお子さん達がいっぱいいました。ありがとうございました。

BB百景<7月22日(木)p.m.3:30>

<カブトムシ通信>

7月下旬まで発生が、昨年のように一日何十匹もでてきませんでした。

残念ですが、今年は例年のように発生が見込めませんので、<カブトムシ通信>は最終回とします。自然界のことですので人智の及ばない何かが作用していると思います。

 

BB百景<7月22日(木)p.m.3:30>

f:id:murayama147:20210722194149j:plain

f:id:murayama147:20210722194154j:plain

f:id:murayama147:20210722194200j:plain

f:id:murayama147:20210722194205j:plain

f:id:murayama147:20210722194214j:plain

f:id:murayama147:20210722194221j:plain

f:id:murayama147:20210722194228j:plain

f:id:murayama147:20210722194234j:plain

f:id:murayama147:20210722194241j:plain

f:id:murayama147:20210722194256j:plain

第6農園、第7農園を今日から開園しました。

ここはラビットアイ系です。こだわった選りすぐりの品種が実り始めました。北部ハイブッシュ系とラビットアイ系のBBの味比べができる最適の季節となりました。味比べができるのも10日から2週間程度です。ラビットアイ系のシャキシャキ感、酸が弱く糖の強い食味を確かめていただければ幸いです。

f:id:murayama147:20210722194751j:plain

f:id:murayama147:20210722194757j:plain

ラビットアイ系の大粒品種が人気です。たくさん摘んでいただきました。ありがとうございました。当園は摘み取りの範囲を決めていませんので、お客さんがBB園を巡って美味しい実を集めていただいています。宝探しですので、いろいろな品種を味わっていただければ幸いです。小粒でも個性の強い品種がありますので、違いを味わっていただければ幸いです。

f:id:murayama147:20210722201023j:plain

f:id:murayama147:20210722201028j:plain

f:id:murayama147:20210722201037j:plain

クワガタを捕りました。地面を歩いていたそうです。よかったね。大切に飼って下さいね。

f:id:murayama147:20210722201200j:plain

第7農園の入り口です。ラビットアイ系の紹介と農園名の標識を立てました。ちょっといい雰囲気になってきました。摘み取り専門農園になってきました。

f:id:murayama147:20210722201652j:plain

f:id:murayama147:20210722201717j:plain

第7農園でBB摘みを楽しんでいただきました。いろいろな品種が入っていますので、品種ごとの違いを楽しんで下さい。

f:id:murayama147:20210722202137j:plain

f:id:murayama147:20210722202530j:plain

f:id:murayama147:20210722202542j:plain

当園の隣に住んでいる若夫婦の旦那さんが、カブトムシが出ないことを可哀想に思って、山へ行ってクワガタを30匹程捕ってきてケースに入れてくれました。あっという間にお客さんが持ち帰りました。こんな心遣いがうれしいですね。ありがとうございました。

f:id:murayama147:20210722202639j:plain

f:id:murayama147:20210722202649j:plain

f:id:murayama147:20210722202659j:plain

f:id:murayama147:20210722202711j:plain

ひまわりの蕾が伸びて、開いてきました。あと1週間ほどで色づいてきそうですね。

花は太陽に向かって太陽の動きに合わせて回るの?

花は東を向くの?

花は南に向くの?

花は西を向くの?

おもいおもいの方向を向くの?

書籍やネットには、いろいろと書かれていますが、実際に自分の目で確かめたいですね。皆さんはどう思いますか?