安曇野の丘村山ブルーベリー園 カブトムシ捕りひまわり迷路がある自然農園

長野県安曇野市にある、自然の仕組みを活かした摘み取り専門観光農園です。化学合成農薬不使用・無施肥に徹し、自然栽培と品質にこだわって栽培しています。時間無制限・食べ放題で透明感のある酸と糖のバランスある北部ハイブッシュ系、糖が際立っているラビットアイ系の自然な味が楽しめます。農園内で自然発生したカブトムシ捕り、ひまわり迷路もご家族で楽しめる自然栽培農園です。  長野県安曇野市穂高有明7657ー1   ℡090-8326-2128  googlemap「安曇野の丘」

無農薬栽培

夢の実現に向かって!

長野県安曇野市穂高北アルプスの裾野でブルーベリー観光農園を手作りしている村山昌夫です。趣味でブルーベリー栽培を始めて20年ほど、趣味が高じ十数年前から水田へ植え始め退職を期にブルーベリー観光農園として営業を始め、来年は節目の10年を迎えます。

最高品質のBBを作りたい、こんなBB園を作りたい、こんな物を作りたい‥‥。

BB栽培って面白く奥が深いなあ‥‥。

季節により、いろいろな顔を見せる安曇野を紹介したいなあ‥‥。

 

描いている夢の実現には、まだまだ途上。日々の小さな取り組みや思いをお伝えしたいなあ。

農園とともに成長していきたいなあ。

 

日々、進化していきたいなあ。

 

 

最高品質を求めて!

無農薬・無施肥栽培にこだわり、地植えとポットで2200株を越えるBBを営業栽培しています。主に北部ハイブッシュ系、ラビットアイ系を6月中下旬から8月末頃まで摘み取り園として営業しています。最高品質を安価でお客さんへ提供したく、日々工夫を重ねています。

ご家族が楽しめる農園を!

ご家族皆さんで楽しめるBB摘み取り園を目指しています。ご家族が楽しめればどなたでも楽しめます。当園で皆様に楽しいページを刻んでいただきたく、今は休園中ですので、アイディアを練っています。

進化していく農園をUPしたい!

日々のアイデアの中から実現できそうなことを形にして、進化していく農園でありたいと思っています。このブログ上で、写真を使い回しすることなくその日に撮った写真と共にアイデアを実現していく取り組みをUPしていきたいと思っています。

BBは菌根菌植物であることを発信したい!

酸性土壌にするための硫黄粉、アンモニア態窒素等の肥料(油粕、硫安などの化学肥料)を使わず自然の仕組み(BBに共生しているERM菌)を活かし無施肥無農薬の自然栽培を実現しています。自然栽培の様子を発信していきたいと思っています。

季節により変化するBB、安曇野の美しさを発信したい!

季節によりいろいろな顔を見せるBBの表情をお伝えしたいなあ。北アルプスを背にしている安曇野、松本平の季節の変化、文化などもお伝えできたらいいなあ。日々の作業をお伝えしたいなあ。

 

 

これからもブログを覗いて下されば幸いです。

 

 

<無農薬栽培>

BB農園を作ろうと2年苗を植え、一番最初に作った看板が

無農薬」です。

自分に言い聞かせている言葉です。

 

他界した父がリンゴを栽培していたとき、売り物のリンゴを作るには年間に十数回の農薬散布をしていました。物置には農薬保管庫があり、あの農薬独特の匂いがたまりません。今でも匂います。散布したときには畑中、家の中まで匂ってきます。父は、農薬と化学肥料とトラクターの名手(?)で果物や野菜は大きく、虫食いもなく、ツヤツヤとしていました。野菜の品評会では入賞するほどの腕前(?)でした。今は、思い出のリンゴの木は全部切ってしまい、1本もありません。

 

どこか間違っている!

農薬漬けの農産物からの脱却!

農薬に頼らない農業ができないか、品質の良い物ってなんだろう、と問い続ける農業がやりたくてBB栽培を始めました。BBは無農薬栽培が可能と農家の中では知られていることです。リンゴ、ブドウ、桃、梨、‥‥果樹の中で美味しい物は虫も付きますが、BBは虫が少ないと親戚の栽培農家から聞いていました。それなら一滴も農薬を使わない農園を作ろうとBBの苗を植え始めました。

 

「農薬を持ち込まない」農園を目指して、自分への誓いとして看板を作りました。見えるようにテラスの入り口へ取り付けました。

 

 

慣行農業は農薬散布をします。

 

減農薬栽培と言っても、リンゴなら年間17回散布しているところを10回散布しても減農薬です。

 

有機JAS」「オーガニック」と言っても、農薬散布をしています。無農薬栽培と混同している方が多いのですが、指定された農薬を散布しても有機栽培と表示しています。

 

私の農園では農薬を一滴も使わない「無農薬栽培」にこだわっています。当園のBB栽培で一番大切にして、徹底的にこだわっています。

 

当園の周りは、農地が広がり畑や水田があります。農薬が入らないように高さ2mの4㎜ネットを張り巡らしています。これで農薬の飛散から可能な限りガードしています。苗を植えたときに単管を立て、農薬の飛散侵入防止のためのネットを張りました。「そこまでやるの?」とお客さんに言われることもあるのですが、徹底的にこだわっています。

 

8月上旬、水田では近年、カメムシ対策でドローンを使って農薬散布します。ネットで農薬の飛散からガードしています。

全圃場を高さ2mの4㎜ネットで囲っています。これで飛散した農薬の侵入を押さえることができます。

 

農薬アレルギーの方が入園され当園のBBを食べたとき

「果物は何も食べられなかった。こんなに果物を食べたのは初めてです。BBってこんなに美味しいの!」

この言葉を聞いて、さらにこだわって栽培していきたいと思いました。

 

 

害虫対策はどうしているか

無農薬栽培をしていると、これが一番の課題ですね。

知恵と経験と栽培仲間の情報をお借りして乗り切っています。

次回の「こだわり」シリーズで対策を載せます。