安曇野の丘村山ブルーベリー園 カブトムシ捕りひまわり迷路がある自然農園

長野県安曇野市にある、自然の仕組みを活かした摘み取り専門観光農園です。化学合成農薬不使用・無施肥に徹し、自然栽培と品質にこだわって栽培しています。時間無制限・食べ放題で透明感のある酸と糖のバランスある北部ハイブッシュ系、糖が際立っているラビットアイ系の自然な味が楽しめます。農園内で自然発生したカブトムシ捕り、ひまわり迷路もご家族で楽しめる自然栽培農園です。  長野県安曇野市穂高有明7657ー1   ℡090-8326-2128  googlemap「安曇野の丘」

地植えとポット栽培のラビットアイ系の紅葉の違い

夢の実現に向かって!

長野県安曇野市穂高北アルプスの裾野でブルーベリー観光農園を手作りしている村山昌夫です。趣味でブルーベリー栽培を始めて20年ほど、趣味が高じ十数年前から水田へ植え始め退職を期にブルーベリー観光農園として営業を始め、来年は節目の10年を迎えます。

 

最高品質のBBを作りたい、こんなBB園を作りたい、こんな物を作りたい‥‥。

BB栽培って面白く奥が深いなあ‥‥。

季節により、いろいろな顔を見せる安曇野を紹介したいなあ‥‥。

 

描いている夢の実現には、まだまだ途上。日々の小さな取り組みや思いをお伝えしたいなあ。

農園とともに成長していきたいなあ。

 

日々、進化していきたいなあ。

 

 

最高品質を求めて!

無農薬・無施肥栽培にこだわり、地植えとポットで2200株を越えるBBを営業栽培しています。主に北部ハイブッシュ系、ラビットアイ系を6月中下旬から8月末頃まで摘み取り園として営業しています。最高品質を安価でお客さんへ提供したく、日々工夫を重ねています。

ご家族が楽しめる農園を!

ご家族皆さんで楽しめるBB摘み取り園を目指しています。ご家族が楽しめればどなたでも楽しめます。当園で皆様に楽しいページを刻んでいただきたく、今は休園中ですので、アイディアを練っています。

進化していく農園をUPしたい!

日々のアイデアの中から実現できそうなことを形にして、進化していく農園でありたいと思っています。このブログ上で、写真を使い回しすることなくその日に撮った写真と共にアイデアを実現していく取り組みをUPしていきたいと思っています。

BBは菌根菌植物であることを発信したい!

酸性土壌にするための硫黄粉、アンモニア態窒素等の肥料(油粕、硫安などの化学肥料)を使わず自然の仕組み(BBに共生しているERM菌)を活かして自然栽培を実現しています。自然栽培の様子を発信していきたいと思っています。

季節により変化するBB、安曇野の美しさを発信したい!

季節によりいろいろな顔を見せるBBの表情をお伝えしたいなあ。北アルプスを背にしている安曇野、松本平の季節の変化、文化などもお伝えできたらいいなあ。日々の作業をお伝えしたいなあ。

 

これからもブログを覗いて下されば幸いです。

 

 

<地植えとポット栽培のラビットアイ系の紅葉の違い

当園は地植え栽培とポット栽培でNH系とRE系を営業栽培しています。今日の午前10時のRE系の紅葉の様子を見ると大きく違い、その理由について考察してみました。

《ポット栽培のRE系の紅葉》

多くは、NH系のように紅く紅葉している株が多いです。少数ですが下2枚の写真のようにまだ緑が残っている株もありますが、このような株は少ないです。

《地植え栽培のRE系の紅葉》

まだ青々としワサワサとしています。下1枚の写真は、この品種だけですので品種特性と考えられます。

 

《何故この違いがあるか考察》

季節変化を感じ、植物にとって最適なタイミングで応じていく。

いったい季節変化を感じるセンサーはどこにあるだろう?

情報伝達物質の植物ホルモンの流れは?

書籍やネットでは季節外れの今ごろまで成長しているRE系は「肥料が効いている」「遅くまで肥料が残っている」と説明されていることが多いです。当園のポットにも地植えにも、一滴のアンモニア態窒素は入っていませんので、この理由は当てはまりません。

栄養成長から生殖成長へ移行させることを「花成」と呼ばれています。このタイミングは花芽を作るために大事な植物生理ですね。ところが、このタイミングを図れずにいつまでも栄養成長しているRE系のシュートを見かけます。当園のNH系もRE系ほどではないのですが、若干あります。花成ホルモンが働き始めるのは、日長の変化をセンサーが感知して情報を送るそうです。

当園でいつまでも栄養成長しているシュートを見かけると

「いつまで伸びているんだよ、もう季節は秋だよ、もう寒くて光合成ができないよ」

と声をかけています。冬になると、このシュートの枝先は凍害にあって枯れています。栄養成長しているシュートですので花芽はありませんので収量には全く関係ありませんね。

地植え栽培だけのときは、北米フロリダの暖かい地が原産だから季節の変化を感じるセンサーが弱くても栄養成長をいつまでも続けても凍害に遭うことがない、と考えていました。ところがポット栽培を始めてきれいに紅葉しているRE系を見てビックリです。「ポット栽培は季節変化を読み取っている」もっと違った仕組み、生理があるのでしょう。学生のときに「植物生理学」という難解の単位があったのを覚えています。今覚えていることは、植物ホルモンが相互に作用して情報を伝達、植物体全体を制御、統制していることかな、単純ではなく複雑怪奇であったことだけは記憶にあります。

わからないなあ。

 

根域の大きさ?

根域が大きいと栄養成長が続くの? 

水分量?

hairrootの菌根菌やエンドファイトの量、種類?

季節変化を読み取るセンサーが根にもある?

 

ポット栽培と地植え栽培の紅葉がまったく違う理由を考えたのですが、私の能力では奥が深くて分かりません。これからの課題としてBBの成長をみていきたいなあ。

 

BB栽培は奥が深い!

 

 

<ほお杖を入れる

柱にした残りをほお杖に使いました。

これを入れると丈夫になります。ここは、南風を直接受けるところですので、これで大丈夫でしょう。

ウムウム、いい感じになってきました。