安曇野の丘村山ブルーベリー園 カブトムシ捕りひまわり迷路がある自然農園

信州安曇野にある、自然の仕組みを活かした摘み取り専門観光農園です。化学合成農薬不使用・無施肥に徹し、自然栽培と品質にこだわって栽培しています。時間無制限・食べ放題で透明感のある酸と糖のバランスある北部ハイブッシュ系、糖が際立っているラビットアイ系の自然な味が楽しめます。農園内で自然発生したカブトムシ捕り、ひまわり迷路もご家族で楽しめる自然栽培農園です。  長野県安曇野市穂高有明7657ー1   ℡090-8326-2128  googlemap「安曇野の丘」

ひまわり畑 耕耘

<ひまわり畑 耕耘>

今日は運搬車で廃菌床を広げました。

ちょっと多いくらいに廃菌床を入れたので、今年のひまわりはどんな育ちをするでしょう。楽しみですね。

数年間、何も作らなかったので、とにかく堅い。場所によって、ロータリーの刃がガタガタというほどの堅さです。校庭のようにカチカチでした。耕耘したところで色が黒っぽくなっているところは、廃菌床を積んでおいた所です。土壌の性質を替えるほど、廃菌床の威力ですね。

次は種蒔きです。その前に迷路を考えておきたいですね。

 

<耕すと集まってきた鳥たち>

ムクドリ

一番人なつっこいです。トラクターに踏まれるほど近づいて、前や横に来てエサを漁っています。

 

セグロセキレイ

番いで休憩所の周りを縄張りにしています。仲が良くてペアで来ていました。どこへ巣を作っているでしょうか。

 

<スズメ>

5、6羽で登場、チョコチョコと動き回り撮るのに苦労します。

 

ハシボソガラス

顔がハシボソガラスの特徴をよく現しています。一昨年までハシブトガラスがテリトリーを作っていましたが、入れ替わりました。そこには人知れないドラマがあったことでしょう。

 

ツバメも来ていましたが、撮れませんでした。地面に降りて何をしていたのでしょう、今、水田に降りて泥を運んで巣を作っています。土を運んでいたのでしょうか。

昨年はモズのペアもきていたのですが、今年は来ていません。寂しいですね。