安曇野の丘村山ブルーベリー園 カブトムシ捕りひまわり迷路がある自然農園

信州安曇野にある、自然の仕組みを活かした摘み取り専門観光農園です。化学合成農薬不使用・無施肥に徹し、自然栽培と品質にこだわって栽培しています。時間無制限・食べ放題で透明感のある酸と糖のバランスある北部ハイブッシュ系、糖が際立っているラビットアイ系の自然な味が楽しめます。農園内で自然発生したカブトムシ捕り、ひまわり迷路もご家族で楽しめる自然栽培農園です。  長野県安曇野市穂高有明7657ー1   ℡090-8326-2128  googlemap「安曇野の丘」

ポット栽培 菌根菌の種

<ポット栽培 菌根菌の種>

第10農園のポットへ当園特製の菌根菌の種を入れています。いろいろとブレンドして作っています。全部のポットへ入れるには1週間ほどかかるかな。第9農園でまだ2シーズン経過したところですが育ちは良好です。

原産地の林間で生息しているBBの原種は硫黄粉も油粕や硫安などの肥料も入っていません。第1~8農園のNH系、RE系の地植え栽培は、この林間と同様に硫黄粉を使わず無肥料で、菌根菌を活性化させる栽培方法で元気に育っています。これがBBの潜在能力で、力を引き出す栽培方法です。それはBBは、菌根菌植物であるからですね。

そこでポット栽培でもアンモニア態窒素肥料を入れずに菌根菌を活性化させて営業栽培ができないかと挑戦しています。今までの失敗したことを活かして第10農園へ菌根菌の種を入れ、今年の成長を観察しブレンド比・入れる量を評価します。結果が出るまで数年かかりますね。

 

<『幸せの鐘』土台>

支柱を固定するために羽子板をモルタルで固めました。ここが一番大事なところで長さ、直角、何度も確かめました。上手く固定できるかな。

このボルトを支柱に開けた12㎜の穴に通してナットで締め固定します。横から通すのでコンクリートで固めたレンガが邪魔であることが分かりました。ちょっと考えが足りなかったですね。明日はレンガを壊します。

ワイン樽を洗って汚れを落とし、きれいにしました。上に乗せる樽の底に金物のカバーを付けることにしました。防腐剤を塗ってから貼り付けます。これで雨が降っても防げますね。イメージしていたことが見えてきました。

 

<キウイの剪定>

物置の横に植えたキウイが伸び放題です。剪定の時期も遅れていますが、実は期待していませんので、ざっくりと適当に切りました。このキウイは数年前に隙間があったので、苗屋さんで「1本でも実がなるキウイ」とのことで衝動買いでした。以後剪定もせずに伸び放題で、初めての剪定でした。