安曇野の丘村山ブルーベリー園 カブトムシ捕りひまわり迷路がある自然農園

信州安曇野にある、自然の仕組みを活かした摘み取り専門観光農園です。化学合成農薬不使用・無施肥に徹し、自然栽培と品質にこだわって栽培しています。時間無制限・食べ放題で透明感のある酸と糖のバランスある北部ハイブッシュ系、糖が際立っているラビットアイ系の自然な味が楽しめます。農園内で自然発生したカブトムシ捕り、ひまわり迷路もご家族で楽しめる自然栽培農園です。  長野県安曇野市穂高有明7657ー1   ℡090-8326-2128  googlemap「安曇野の丘」

暑い! 帽子をどうぞ

最盛期序盤に入りました。いっぱい熟してきました。

皆様のお越しをお待ちしております。

 

無農薬・無施肥栽培でBBの潜在力を活かした自然栽培に徹しています。

いろいろな品種がありますので食味の違いが楽しめます。今は、爽やかな食味の北部ハイブッシュ系(NH系)が色づいています。7月下旬から8月末頃までは、糖が際立つラビットアイ系(RE系)が色づいてきます。いろいろな系統や品種の食味の違いが楽しめます。

《期間》  6月19日~8月末

毎日営業(成り具合・天候によって休園することがあります)

予約不要、成り具合等についてお問い合わせ下さい。

℡ 090-8326-2128 

《入園料》 時間無制限、食べ放題

大 人   ‥ 800円

小中学生  ‥ 400円

未就学児童 ‥ 無料

ペット入園可(他のお客さんにご配慮してください)      

《駐車場》 30台

満車のときは受付へ、他へご案内します。

《お持ち帰り》 ご自分で摘み取り、ご自分でパック詰め(別料金)

小パック(約175g)‥ 300円

中パック(約300g)‥ 400円

大パック(約400g)‥ 500円

パックへ入る重さは粒の大きさで変わります。

成り具合で持ち帰り数を制限することがあります。

《カブトムシ》 7月上旬頃から園内で発生

ご自分で捕まえてください。お子様は無料

《ひまわり迷路》7月頃から迷路ができます

今年も難しい迷路にします。無料

《足水》  足を浸けると涼しい! 冷たい!

穂高連峰の雪解け水が流れています。

《小さなお家》 小さなお子さんが大好き!

《展望テラス》 防鳥ネットの上から安曇野をご覧下さい!

幸せの鐘》 鳴らすともっともっと幸せになれます

急な雨や日差しが強いとき、BB園が広いので疲れたら屋根付きのテラスでゆっくり休んで下さい。園内にパラソルもありますのでご利用ください。

アクティビティ農園を目指し、皆様のお越しをお待ちしております。

 

 

<暑い! 帽子をどうぞ>

当園にある帽子を並べてみました。

お客さんの忘れ物も入っています。是非、ご自分のがありましたらご連絡くださいね。

梅雨空けのような天候が続いています。日除け対策として帽子を被ってのブルーベリー狩りがいいですね。水分は当園の市水道局の安曇野の地下水』が美味しいのでご利用ください。

 

<この子はお腹の中にいるときから>

「このズボンの方、覚えている! お子さん達、大きくなったね!」

「この子は、お腹の中にいるときから来ているんですよ」とママさん。

「このズボンは、ブルーベリー狩りのときはこれにしているんです」とパパさん。

ズボンは象さんの柄が大きく入っています。パパさんは、象の柄が似合いますよ。

今年も元気なお子さん達、一回り大きくなったお子さん達の姿を見せて下さり、うれしいですね。

カブトムシを見つけて大喜びです。よかったね。自然に触れあうことは最高ですね、

今日は2匹が見つかりました。まだ出始めですからチョビチョビと、毎年7月上旬ころから出てきます。今年は暑いからもっと早く出てくるかな? 昨年は少なかったから今年はどうでしょうか?

持参してくる大きな捕虫網は、ご利用を控えていただいております。

長い柄の大きな網を振り回すとブルーベリーの木が傷んだり、実が落ちたりしますので使わないようにお願いしております。当園にある小さな網を貸し出しておりますので、ご利用ください。

 

<近道>

当園の北の駐車場に停めた方は、この『近道』をお使い下さい。

山麓線を歩いていると危ないので、第6、7農園の中をお通りください。途中、農園の間に水路がありますので、そこを越えて受け付けまでお越し下さい。

この農園はラビットアイ系ですので、7月末から8月末まで開放しますので草が伸びていました。草刈りをしたり、表示を作ったりしました。

草刈りをしていると『アレチウリ』がツルを伸ばしていました。これは困りもので一日に10㎝ほど伸びるのではないかなあ、ほっとくとブルーベリーが覆われてしまいます。明日は、草刈りかなあ。種はどこから飛んできたのかなあ、人が? 車が? 動物?

アレチウリは北米に自生し、戦後、1952年清水港で確認され、今は全国に伝播、特定外来生物に指定されています。凄い繁殖力で困りものです。